6月 13

ポロ・パンツ・バイザー・ソックス・バッグ(rough & swell)

グラス(adidas) シューズ(TRUE linkswear) ベルト(J.Crew)

第1回 R&S GOLFERS MEETING in きみさらずゴルフリンクス

コンペではない、お気楽なゴルフミーティング

優勝もブービーもなけりゃ、ニアピンもドラコンもなーんにもナシ

みんなでワイワイ言いながら、こんな集まりもいとおかし

最近はダメダメゴルフが続いておりまして・・・

どのホールも悪くてもボギーまでで抑えようと思ってるんやけど、

ショットもパットも落ち着かず、ダボやトリプルが出てしまいまんねん

結果47・44 の91  とうとう90越え・・・

どーにもこーにもあきまへんなぁ・・・

ラウンド後、みんなで反省会しながらワイワイガヤガヤ

まぁ、ワタシがひとりでしゃべっててんけど(笑)

 

帰りの「道の駅」でピーナツ・ソフトクリーム買うて・・・

ペロッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

清水アマの「初心者のためのゴルフ講座」 その4 かな?

今回のテーマは「方向を決める」

当たり前やけど、みんな「目印」って決めてますか?

 

参加者の中で、最初から打つ方向が歪んでるお客さまがいらっしゃって、

訊いてみたら「近くに目印は決めてません」と言う事だったので、

今回書いてみることにしました

 

人間は「錯覚」する生き物

目標(打ちたい方向)へまっすぐだと思ってアドレスしても「錯覚」してたり、

その日の体調で曲がってたりします

さらに、コースは「錯覚させよう」と企んで作られていることも多いのです

 

だから

距離に関わらず、ティーショットからパッティングまで

すべてのショットは、ボールのすぐ先に「打つ方向の目印」を見つけるべきなのです

「枯葉」でも「ディボット跡」でも、とにかくなんでも構いません

 

写真の場合は、少し前に落ちている「枯葉」

ボールの後方から方向を見定めて、枯葉の「真上を通る」とか「右端を通る」とか

ボウリングでいう「スパット」と同じ要領です

そして、その目印に向かってアドレスを作る

 

これにより、アドレスの方向が大きくズレることがなくなります

やってなかった方は、ぜひどーぞ

 

たまに「虫の死骸」を目印にしたりもするんやけど

アドレスしてる間にモソモソ動き出して・・・

「なんやオマエ、生きとったんか〜い!」

な〜んてこともあります(笑)

5 Responses to “ワイワイ楽しい一日”

  1. TAKA Says:

    圭さん、こんばんは。
    とっても勉強になるご指導です!!
    シンプルにするためにどうするか、、、
    目から鱗、いえ、貴重なお話しです。
    日曜日に会社でのゴルフがありますので、さっそく生かします。
    スイングリズムを安定させる、メンタルなスポーツだからこそ焦らない、しっかりと受け止めました。
    あとは意識して実践あるのみですね。
    ゴルフ講座、楽しみにしております。

  2. アラタマ ゲタヨ Says:

    圭さん、こんばんは

    サーファーズmeetingも
    やらなくちゃ。

  3. kaz Says:

    圭アニ

    勉強になります!
    今度から目印を作ってやってみます(^^ゞ

  4. Says:

    圭さんこんにちは〜

    勉強になります。
    ボールがあっちこっち行ってて、調子悪い時とか
    テンパっている時って、とんでもない方向向いてますもんね!

  5. kent Says:

    おナッツって面白いですね笑
    ピーニャッツという可愛いご当地キャラも千葉にはありますよ!(^^)

Leave a Reply

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】