コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
仕事のご依頼・お問い合わせは「よしもとクリエイティブエージェンシー」へお問い合わせください
こちらではお返事いたしかねます

使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

rough & swell および STORAGE のアイテムはコチラからどうぞ

10月 27


10月27日、GAKU-MCとヤクザのかっしゃん(笑)と3人で、ワーワーギャーギャー海に行ってきた。
久しぶりに出かけるとおもろいな?。車中での関西人のオレとかっしゃんのボケとノリ突っ込みに、「そうか?、そういう風に言うとおもしろいんですねぇ」と感心仕切りのGAKU(笑)。
そんなこんなで海に着いたら、ナント感激のGOOD WAVE!「当てましたね?」とニヤニヤ顔のかっしゃん。
なんじゃかんじゃと楽しませてもらいましたわ。
ほんでもって、相変わらずアホな話をしながら帰りましたとさ・・・。
はぁ?楽しかった。
10/27 2008 けい。
イメージ

10月 17


米軍内のゴルフ場「多摩ヒルズ」の18番ホールで奇跡は起こった。通常18番ホールはPAR4のミドルホールなんだけど、この日は防御ネット修復のため、打ち上げの160ヤードのショートホールに変更されていた。まずは佐藤浩市さんがナイスショットで見事グリーン・オンの様子。(打ち上げのため、ティーグランドからはグリーン上が見えない)続いてワタシの6番アイアンでのショットは、美しいドローの弧を描きピンに向かって行った。「へなちょこドローだねぇ」と軽口の所サン。そして4人が打ち終わり、カートでグリーンまで移動。所さんはグリーンを外していたので、グリーン上には安部ちゃんと浩市さんとワタシのボールの3つが・・・。あれっ、2つしか無い。「そっか、オーバーしちゃったか」と思いつつボールを探そうとしたその時、安部ちゃんが「は、は、はいってる?」一瞬何のことか分からなかったが、まさかと思い、「ウッソー!」と駆けよろうとしたけど、グリーン上は走ってはいけないマナーなので早足のワタシ。ホールを覗くと、そこにははっきりK432と書かれたキャロウェイのボールが!!そう、なんとホールインワンだったのです!やってもうた?。遂にやりました。「ホールインワン保険」に入り続けた10年間には1度も起こらなかったのに、保険をやめて2年目に達成するとは・・。人生とはそういうもんです。(どっちにしろセルフプレーだから保険は下りないけどね)
所さんが「おめでと?、やったね!カメラ持って来なよ」とおっしゃるので、恐縮しながらカートまでカメラを取りに行って戻って来ると、浩市さんが「圭ちゃん、ホールの横に寝そべりな。上から撮ってあげるから」とやさしいお言葉。で、この写真。いや?ウレシかった。気持ちのイイ天気の下、気持ちのイイ仲間との楽しいゴルフに、こんなことが起こるなんて!!とにかく最高の気分。パープレイを達成した時以来の感動に、一日中ニコニコ顔の圭サンなのであった! 10/16 2008 けい。

10月 16

ワタシなりに感じた疑問点をいくつかあげておくわ。
1.「なぜ芝を刈り込んで、水をまいたのか?」早いパス回しを得意とするという日本代表が有利になるようにそうしたらしいけど、UAE戦で同じようにして、結果が出なかったのにナゼまたやるのかな?選手のリクエストはあったのかな?それ以前に日本のパス回しは世間が思っているより早くないよ。
2.「なぜ俊輔を真ん中で使わないのか?」4?5?1のシステムは良しとしよう。岡田監督が、なぜ俊輔の右サイドにこだわるのかわからん。本人もトップ下をやりたがっているし、あの視野の広さは真ん中でこそ威力を発揮するんちゃうの?確かに敵のチェックはより厳しくなるだろうけど、真ん中の俊輔に敵の意識が行くほど、両サイドにスペースができる。本人の判断で半ばからは自由に動いていたが、始めから真ん中で使うべきやと思う。
3.「なぜダイレクトなサイドチェンジをやらないのか?」中盤で逆サイドが空いているのに、わざわざ真ん中を経由して時間をかけてサイドチェンジをする意味がわからん。敵を楽にさせるだけ。
4.「稲本の投入時間?」稲本を使うなら先発。あの時間帯ではない。彼はスピードタイプの選手ではない。相手も味方もバテ始めたあの時間帯に必要なのはスピードのある選手。パスカットの上手さや、強靭なカラダは先発タイプやろ。鬪莉王が上がった時の守備要員では勿体ない。
5. 「鬪莉王のトップ」終盤に鬪莉王を上げるのはやむを得ないとして、なぜ最前線に張らしておかないのか?彼は足元の細かいプレーは得意ではない。あの場面ではヘッドで決めるかゴール前に折り返すことに専念させるべき。少し引いてボールを受けても意味が無い。ボールが来なくても一番前に張り付いておくことを徹底させておくべき。
あと阿部の左サイドバック起用もずっと??ですな。確かに今回はウズベキスタンのチェックは今までよりも早かったけど、このままでは手負いのカタールや絶好調のオーストラリアには勝てへんと思うで・・・。はぁ?あ。胃がイタイ・・・。 
10/16 2008 けい。

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】