2月 03

着物(服部織物) メガネ(EFFECTOR) マフラー(FENDI)

黒ネコセンパイとランチしてたら、お店の人が「節分なので」と・・

わーい、豆もろたぁー

夕刻に明治記念館へ

門川大作京都市長主催の「京都レセプション」にお招きいただきまして

各国大使館員の方々などに、京都の良さを知ってもらうレセプションどす

鏡開きに参加させていただいて・・・ヨイショ!

舞妓さんの舞いを観賞しつつ・・・

2017年ミス日本グランプリの高田紫帆さんと記念撮影

こんなに美しくて阪大生!

おまけに陸上1500m のジュニアオリンピックに出場されたそーな

ゴイスー

外人さんによる、合気道の演武もありまして

斎藤ノブさん・夏木マリさんご夫妻と記念撮影

カッチョエエご夫妻どすなぁ

門川市長、おつかれさまどした・・・素敵なレセプションどした

そして、お招きいただきありがとうございました

アカン、ちょっと着崩れてるがな(笑)

「豆まき」は・・・家族に任せておきましてん

アヘッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「夫婦再旅」

おホメのコメントをたくさんいただいて、おおきに、すんまへ〜ん

自分で言うのもなんやけど、ちょっとほのぼの楽しくなる番組どした

尾道へ行きたくなった人、多いんちゃうかな?

尾道はホンマにええトコやったし、

夫婦の記憶に残る、ホンマに楽しい旅どした

そんな雰囲気がちゃ〜んと伝わってたら・・・うれしうれしどすえ

10 Responses to “今日は和服で攻めてみましてん”

  1. あややん Says:

    キャー!!

    夏木マリさんや?!ノブさんや?!

    ノブさんの実家は京都ですよね。

    ケイさん、ミユキ・ゼタ・ジョーンズ夫妻も素敵ですよ。

    ・・・夫婦再旅、観れませんでした。ごめんなさい。

    シュン。(´・ω・`)

  2. 秀坊 Says:

    圭さんは京都を代表する芸人さんなんです。

    流石京都市長はわかってみえますね!!  (#^.^#)

  3. アラタマゲタヨ Says:

    圭さん、こんばんは

    ノブ&マリは京都在住ですもんね

    夏木マリさんは本当に素敵で大好き
    可愛さと格好良さが共存してる
    稀有な女性ですよね。

  4. kaz Says:

    圭アニ

    素敵なレセプションですね☆
    着物姿もなかなか素敵です!

    昔から思うのですが、東京は色々な地方からの移住者が圧倒的に多く、元来の東京っコって少ないんですよ。
    小中高と夏休みになると大概の友達は、おじいちゃんおばあちゃんに会いに帰省するため、親戚一同が東京にいる僕みたいな人は少数派で遊ぶ友達が限られていました。
    で、元々の東京の風土って地方人の勝手な思いこみでネジ曲げられているのが嫌で嫌で。。
    だから東京もこうしたレセプションで本来の気質を伝えて欲しいものです!

  5. 清水圭さん非公式応援団『今日も前向きに生きようラララのラー』 Says:

    圭親瓶おはようございます、圭親瓶に御相談なのですが、BSに加入していない私は、…圭親瓶ご夫妻の番組が観れません…なにか観ることのできる方法があるでしょうが…ございましたらご教授して頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

  6. kent Says:

    和服姿もきまっててかっこいいです!(^^)
    和でも洋でもなんでも着こなせる圭さん、尊敬します…

    夏木マリさんもかっちょいいな…全く切れ味が落ちない(笑)

    しっかり伝わりましたよ〜(^^)
    録画してあるんですけど、もう一度観たらひとりで泣いてしまいそうで(笑)

  7. ?田 洋子 Says:

    カッコ良かったです。洋服もカッコ良いですが、着物姿もカッコ良かったです。

  8. しもやん Says:

    風土って「勝手な思い込み」如きでねじ曲がるとは思えませんね。
    文化や伝統も守れれている。唯一、首都圏内の自然破壊だけですね。
    ま?首都なので仕方ないでしょう。
    私は下町生まれの下町育ちですが、ねじ曲げられてる感覚などありません。
    ちなみに東京のレセプションは毎月、色々な区・市で行われてます。
    それこそ、他県の方に知って頂きたいですね。

  9. kei Says:

    Kazくん

    いつもコメント、おおきに

    「元々の東京の風土って、地方人の勝手な思い込みでネジ曲げられて・・・」
    と書かれましたが、そんな不特定多数に意味の無い「いいがかり」をつけるより
    たまにはご自分のことを、考えてみてはいかがでしょう?

    あなた自身はいつも
    「知人に会うと恥ずかしいから」「土手は強風だから」という理由で、
    ランニングを始めることを諦めたり
    「古いステッカーがもったいない」という理由で、
    やりたいと思っているクルマの全塗装をやらなかったり
    「近所に教室がなかったから」という理由で、
    習いたいと思った書道を諦めたり、その他いろいろ
    「やろうと思ったけど、できない」という言い訳が、ほとんどです

    イベントなども「行こうと思ってたけど、忙しくて行けなかった」ばかり
    「スター・ウォーズ」の新作は毎回すぐ行けるのに、他のはムリですか(笑)

    失礼とは思いつつ、私が受けているあなたの印象は
    「情熱のあるフリをしながら、やらへん言い訳を考えるのが得意な人」です
    そしてその言い訳のほとんどが、私にとってみれば理由になっておらず、
    「そんなのどーでもエエから、やったらエエやん」なのです

    あなたが、「自分は元々の東京=東京人だ」と自負され、地方人に語るなら、
    私の「元々の東京人」の印象は、上記の
    「やる気があるフリをしながら、やらへん言い訳を考えるのが得意な人」
    となってしまいます

    「元々の東京の風土」をネジ曲げてると思われた「東京に住む地方人」
    の一人である私も、失礼ながらひとこと言わせてもらいました

    人生は「やったこと」だけが評価されると思うのです
    「やる気はあったけど、やらなかった」は「本当はやる気がなかった」
    だけのこと。人生にとってはまったくの「ゼロ」です

    もちろん私にも金銭的な理由なども含め、できないことは多々あります
    そんなことを「やろう!」とは、その時点ではハナから思いません(笑)
    「やれる人間になれるよう、とりあえずガンバロー!」と思うだけです
    最悪なのは、単に自分に情熱や根性がなくて「やらなかった」だけのなのに、
    様々な理由をつけて「仕方なくできなかった」と、心の中ですり替えて、
    自分や他人に言い訳をして、歪んだ形の納得をすること

    それは自分にとって、物凄く恥ずかしくて情けないことだと思うのです
    私は特にそれだけは無いように自分に言い聞かせて、毎日を過ごしています
    「やろう」と思ったことは、多少の壁があっても最初の一歩は必ず踏み出し、
    結果的に長続きはしなかったとしても、決して言い訳はしません
    「情けないなぁ、オレ」でいいじゃないですか
    まず最初の一歩を踏み出したからこそ、「弱い自分」に気づくことも多く、
    それをを素直に認めることで先に進めるし、他人にも優しくなれると思うのです

    ブログに名指しで「読んでみてください」と書くという方法を
    とらざるを得なかったのは、
    以前、あなたが上記の「ランニングできない理由」を書かれたときに、
    私がコメント欄に書いた想いを、読んでいただいてないと感じたからです

    決して個人攻撃をしたり、晒し者にするつもりはありません
    ご理解ください

    会ったこともあり、長い間、いつもブログを見てコメントをくれるあなたに、
    老婆心ながら、どうしても今回は伝えたいと思いました
    気分を害さず、これからもこのブログを楽しんでいただければ幸いです

    なお、勝手ながらこの件に関して、私に対する意見はウェルカムですが、
    Kazくんに対するコメントはご遠慮いただきますよう、何卒お願いいたします

    けい。

  10. kaz Says:

    圭アニ

    こんな私ごときにコメント下さり、大変恐縮です。

    気分を害するどころか、有難い気持ちでいっぱいです。
    確かに仰られるように、やる気があれば何があろうとやれるはず。
    言い訳ばかりで「できなかった」と言うのは、はなかなやる気がない、ということですね。
    心に刺さりました。
    いい歳こいたオッサンが、お恥ずかしい。
    節分を過ぎ、節目でもありますから、心機一転、今年は何か一歩踏み出し、自分を変えてみます。

    ちなみに、書道教室は探してみたんですよ。
    見つからなかったので、妻に習おうとお願いしたら休みが合わず、疲れてるから仕事のあとは嫌だと拒否されました(笑)

    あと私自身が残念だと思うのは、東京人は「冷たい人」、地方の人は「暖かい」という固定観念が根付いていることです。
    東京の人も、地方の人も同じ日本人!
    何も変わらないよ!と言うことです。
    東京は都会だから他人を見てみぬふりがカッコいい的な態度が根付き、今の東京のイメージが出来上がってしまったのは悲しいけど事実です。
    せっかく色々な地方から東京へ集まるのですから、その地方、地方の良さが集結すれば良いのにと。。
    私が暮らす小さなコミュニティでは、それが実践されていて、子供が小さくてちょっとした手助けが欲しいお母さんは保育園なんか無くても誰かしらが子供を面倒みれて、待機児童問題はありません。例を挙げたらキリがないので、この辺で(笑)
    つまり、色んな地方の人の集まりとして違った方向で東京が出来上がれば、もっと人と人とが信頼できる係わり合いができる東京ができていたのではないのだろうかと悔しく残念に感じているのです。
    そんな思いから、あの書き込みとなりました。
    なかなか難しいことですが、私の身近なコミュニティから輪が広がって行くことを願いつつ、がんばってみます!

Leave a Reply

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】