7月 03

シャツ・パンツ・ソックス(rough & swell) シューズ(adidas)

メガネ(guepard)

5:30 am

長男と日本の敗戦を見終えて、そのまま気分転換ホイサッサ

3:00 pm

駅にいる人たちも、なんだかダルそうな感じ

暑さのせいか、はたまたサッカー観たせいか・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワールドカップ

日本、ベスト16で散る

 

厳しくサッカーやってた人なら知ってると思う「2−0の危険性」

1−0を同点に追いつかれたときより、2−0を2−1にされたときの方が

「このままじゃヤバイ!」と感じ、ついつい気持ちが焦ったり、消極的になってしまう

反対に、敵は「あと1点、いけるぞ!」とドンドン気分が乗ってきて、動きも良くなる

そして2−2の同点にされた時点で、ほとんどの場合、勝ち目はなくなる

そんな法則というかジンクスというか、サッカー界の格言みたいなモン・・・

 

ガキの頃からイヤというほど体験してきた「2−0の危険性」

もちろん逆の立場のときもあったけど

今朝はまともに食らっちゃったね・・・

 

西野監督が試合後に語っていた「本気のベルギーがそこにあった」という言葉

あの言葉がすべて

2点先制されてからは、本気どころか「死に物狂い」のベルギーになった

 

2点獲って好ゲームをして「いまや世界との差は小さい」と見るか

結果的に逆転されて「やっぱりまだまだ世界との差は大きい」と見るか

今朝は日本より「死に物狂い」で変貌したベルギーがやっぱりゴイスーだった

 

戦術的なことについてはいろいろ思うところもあるけど

それは今後の協会の仕事やし、今さらエエやんか

ただ、ひとつだけギモンを・・・なんで柴崎選手は交代したの?

ケガか?   それともバテバテやったんか?

 

なにはともあれ、選手もスタッフもおつかれさんでした

今大会での日本の挑戦が、「ヨカッタヨカッタ、よくガンバった!」

で、終わらんように祈るばかり

結果的には4試合で1勝しただけやで・・・

それにしてもルカク・・・日本戦はノーゴールやったけど

あまりにもゴイスーなんで、ちょっとわろてしまうがな・・・

名付けて「笑福亭ルカク」・・・どんなんかなぁ〜

オッサン・オバハン限定のシャレでした

なんのこっちゃ(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日の予想

 

スイス ◯ ー × スウェーデン

スイスはリヒトシュタイナーとシェアの出場停止が痛い

しかし、きっとシャキリがやってくれる

地味な両チームだが、好ゲームになること必至

 

コロンビア ◯ ー × イングランド

コロンビアはハメスのケガはどうなんやろ?

一方イングランドのケインは休養十分

これも好ゲーム必至だが、乗ってるコロンビアの勝利と予想

16 Responses to “「2−0の危険性」という事実・・・”

  1. あさちゃん Says:

    わたしはサッカーに全く詳しくないのですが、今日の圭さんのブログですごーく良くわかった気になりました!!
    2-0の危険性、とても心理的な話なのですね、、

    笑福亭ルカク、吹き出しちゃいました笑

  2. Kat Says:

    戦績:1勝2敗1分
    4試合中、勝ったのは1試合のみ。これで「感動を有り難う」とか「歴史的な試合」なんて過大評価したら、逆に選手に失礼だと思います。。自分達が弱いのは、本人達が一番良く知っているはず。  
    メディアも煽りすぎないで欲しいです。サッカーを知らない人は、日本が強いと錯覚してしまい、純粋な勝負の世界がぼやけてしまいそうです。 
    泣いてる暇はない。すぐ練習!

  3. スポーツ好き Says:

    惜しかったですね!

    前半の決定機を見ても、2点とった時点でベルギーは4.5点取るチャンスは作れる実力は持っていたように思います。

    相手のやる気を削ぐのに3点欲しかった。

    にしても、ベスト8に1番近づいた日本代表ではなかったでしょうか。
    日本は勝てると思ったら負けていると、岡田監督がおっしゃっていた事を思い出しました。

    残念ですが、次の4年後に期待したいですね。

  4. kent Says:

    そうですね…本気で前がかりに攻めてきたベルギー、凄かったです

    日本が決めた2点はスーパーな2点でしたが、サッカーに芸術点はないので、同じ1点でもパワープレーできっちりねじ込んだベルギーの3点に強豪国の凄さを感じます
    本田選手のFKも距離はあったものの、無回転で枠内にいったのに、あっさり外に弾くクルトゥワ選手…さすがは世界の名手です、チェフ選手を押しのけてチェルシーの正GKに君臨するだけあります
    前半から後半の序盤にかけては日本の分析班の実力を感じました…スカウティングあっぱれです

    ただ仰るように4戦で1勝、まだまだこれからの日本サッカー界、このワールドカップを観たちびっ子達に期待です!!!日本代表お疲れ様です!!!

    仁鶴師匠…笑
    ルカク師匠、点こそ決められませんでしたが、あんな選手がワントップで身体張ってくれたら最高ですね

  5. nori Says:

    えっと・・・素朴な疑問です。
    サッカー日本代表って応援してるんですよね?

  6. テツ Says:

    勝ったと思った時は負け始める時

  7. タツシ Says:

    ゲームオーバー・・・・・・・・
    悔しいね。
    2点目を乾選手が入れた時
    「こりゃ8強行けるぞ!」と
    俺も多数の人も思ったでしょうね。
    おそらく選手も「油断」
    しちゃって、地獄を引き寄せて
    しまった・・・・

    プラス思考はいい事だけど、
    それが過信だとダメなんだよね。

    個人的には西野監督には続投してほしいですね。
    4年後、今回の悔しさを知る何人かの選手も選んでリベンジしてほしいね。それが成功の秘訣かも!

    ドイツのレーブ監督は今回あんな結果なのに関わらず続投が正式に決定したからね 笑。

    とにかく4年後に向けて前を向いて進んでいきましょう。

    残りのワールドカップはどこが生き残るか?楽しみですな。

  8. アラタマ ゲタヨ Says:

    圭さん、こんばんは

    2-0の法則…私は特別サッカーに詳しい訳ではないけども、解る気がします。
    逆に2-0から2-1→3-1に突き放した時
    相手は万事休すとなるのでしょう。

    2-1に、なった後の対応が実力の差
    だったんでしょうね。
    でも、久々にヒヤヒヤよりワクワクが
    多いニッポンでした。

  9. 天使 Says:

    日本、まさか2-0でリードするとは思ってませんでした。
    先制した後、アザールのシュートがポスト直撃して
    「これは勝つかな?」って思いましたが
    2点めがすぐに入って圭さんが言われてる
    「2-0の危険性」がジワジワ危惧されることに。
    追加点が後半30分以降なら良かったのかもって
    贅沢ですが思ってしまいました。
    死にものぐるいで来る世界三位は伊達ではなかったですね。
    前半チャンスにルカクがミスして外した時に笑ってて
    「余裕やなあ」って思ってましたが
    後半は必死のパッチみたいな顔してましたもん。

    ブラジル、
    なんやかんやで3試合連続2-0での勝利、さすがです。
    ブラジルには「2-0の危険性」って格言は無いのか?
    組織的な守備が安定している時のブラジルには隙はないですね。

  10. hidejiro Says:

    圭さん至言です。1勝しかしていないんですね。
    どなたかに教えて欲しい事。
    ペナルティーエリアでのハンドで、レッドカードの場合とイエローカードの
    場合が有るようですが、違いは何でしょうか。

  11. カッちゃん Says:

    圭さん
    運も実力のウチで今回1試合しか勝ってないけどラウンド16まで行った!
    選手は肌で感じただろう世界との差をその中でやれる事も本当にお疲れ様と言いたいです…が…協会は別!日本代表の今後を考えるならリセットしてほしい協会組織自体を…レスリング相撲バトミントンアメフト色々でてきた協会の問題はサッカーも同じなはず対岸の火事とならないよいにしてもらいたいですね

  12. カッちゃん Says:

    圭さん
    後…フェアプレー…カードの数で決めたけど…公平か?審判違うじゃん!それはイイの?って思ったの僕だけ?

  13. 7up Says:

    勝負所で西野監督の経験のなさが出てしまいましたね。。。
    2点リードなのだからベルギーがフェライニを入れた時点で植田選手なりを入れて高さ対策、ポーランド戦ほど露骨でなくともそれこそボール回しの時間を設けてベルギーをいらだたせ前がかりにさせてさらなるカウンター仕掛けるべきだったと思います。
    ポーランド戦の批判で委縮してしまったんでしょうかねえ。
    生真面目に攻め続けて自滅したような印象受けました。
    ベルギーに決められたゴールも3点目は仕方ないとしても他はミスと放り込みの大したゴールではないですしもったいなかったですね。
    ただ原口選手と乾選手のゴールは痛快でしたね。決勝トーナメントで日本代表初得点は財産だと思います。

  14. しぇるびー Says:

    2点取った後の危険性 サッカー部ではなかったのですがクラスマッチで
    中高二度ほど味わいました後半立ち上がりすぐの得点、得点より残り時間を
    どうするかサッカー部でなかった自分にとっては尚更恐怖でしかなく
    案の定アシストはミスる、カットは焦る 同点となった時の相手の勢い
    かかれかかれ、たんだかかれの如く殺到してくる相手チーム
    ブラジルもほぼ得点を上げてるのは後半30?40分過ぎた辺りからの得点
    今大会、各国根競べと得点のタイミングを制した方が勝者となっている気が
    します。

  15. 爺ルーミス Says:

    Unbreakable Japan

    長谷部キャプテンも去るJapan

    選手、コーチ陣が自分たちの意思で戦える環境を。。。

    ヤタガラスが道案内して導いてくれることを願います。

    Unbreakable Japan T マジ欲しいッス

  16. kaz Says:

    圭アニ

    ホント、日本中サッカー熱がゴイスー!
    私はすっかり置いてけぼり。。
    まぁそれはそれでいいのですが(笑)

Leave a Reply

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】