コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

1月 06

あけましておめでとうございます

 

除夜の鐘を突き、初詣に出かけ、お雑煮を食べ

いつもどおりの年末年始でした

 

んー・・・

帰るべき故郷があるってステキなことやね

東京生まれ、東京育ちの友人たちは

帰省するボクの話を聞いて、ちょっぴりうらやましそう

京都生まれの京都育ちにとっても、おんなじことやろうけどさ

 

気がつけば、東京に住んでいる期間が一番長い

生まれ育った京都や宇治が、いつの間にやら「ふるさと」になってた

それはある意味、とってもありがたいこと

 

ちょっぴりノスタルジックな気分で、あちこちをたずねてみると

京都も宇治もだいぶ変わったなぁ

観光名所は変わらず昔どおりやけど

商店街や公園、川沿いの土手や道幅なんかが、こどもの頃とはちがってる

ずっと住んでるひとには、なんてことのない日常の変化やろうけど

ボクにはほんのりタイムスリップしてるみたいに映った

 

母と兄は通っていた高校がなくなったらしい

他の高校との統合で、当時校舎があった場所は

今は高齢者福祉センターみたいなものになってるそうな

それはそれで、ちょっとさみしいやろな

 

とはいいつつ

やっぱり帰ることのできる「ふるさと」があるってことは

なんとなくほんわかした安心感があるモンで

どんなに街の様子が変わっても

いつだって拒むことなく、ほっこりとあたたかく迎え入れてくれる

そしてそのあたたかさに、どっぷり甘えてしまうのだ

すこしの間を過ごして、いろんなことをリセットして東京にもどる

とてもいい

 

そんなことをおもいながら

福島原発の近くに住んでいたひとたちのことをかんがえた

これだけ時が経っても、みんながみんな帰れるわけじゃないんやろな

せつないなぁ

 

みんなはどんなお正月でしたか?

ゆっくり休んだボクは、今日から仕事です

まるで仕事始めを祝うように、東京に雪がしんしんと降っています

どない?

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】