コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
仕事のご依頼・お問い合わせは「よしもとクリエイティブエージェンシー」へお問い合わせください
こちらではお返事いたしかねます

使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

rough & swell および STORAGE のアイテムはコチラからどうぞ

11月 03

立花隆氏の著作「宇宙からの帰還」によると

アポロ9号に乗った宇宙飛行士 R.シュワイカートは

宇宙から地球を眺めたときの感想として

「地球は単にそこに生命が生息する惑星にすぎないのではなくて

それ自体が巨大な生命体であり生物だ」

と語ったそうです

 

ボクだって薄々はそういうふうに認識してるハズだけど

あまりにも地球が大き過ぎて、それを実感することがむずかしい

川とか海とか山とか森とか林とか

それぞれは生きていて、さらにそこにさまざまな生命を宿している

そう考えると地球は、そういう生命を育む「土台」に思えてくる

まさかその土台である地球自体が「生命体」だとは感じにくいよね

 

だからシュワイカート氏のことばにハッとした

そうか、地球はそれ自体が生命体であって生物なんや

そう思うと、ちょっとにんげんは横着が過ぎるんやないかなと

もうちょっと謙虚に地球さんに住まわせてもらうべきなんじゃないかと

「すんまへーん。ちょっと間借りさせてもろてますぅ〜

ジャマしまへんからよろしゅうたのんますぅ〜」

ぐらいのキモチでいるべきなんじゃないかと

そんなふうにおもったワケですよ

 

クジラだって調子に乗り過ぎてるコバンザメはうっとうしい

今後、オレにくっつくことは許さん!って振り払うかもしれないよね

調子に乗り過ぎてるコバンザメ、ってどんなのかわかんないけどさ

むはは

 

で、そんなことに気づいたんやけど

だからって具体的になにかプロジェクトを始めるわけじゃない

でもそのことに意識を持ってるか持ってないかで

これからの生き方がちょっぴり変わってくるような気がする

それでエエんとちゃうかな

 

「地球にやさしい」ってことば

かんがえてみたら

ずいぶん上から目線なことばですわなぁ・・・

ハフッ

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】