コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
仕事のご依頼・お問い合わせは「よしもとクリエイティブエージェンシー」へお問い合わせください
こちらではお返事いたしかねます

使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

rough & swell および STORAGE のアイテムはコチラからどうぞ

12月 13

ジャケット・パンツ・タートル・ビーニー(rough & swell)

シャツ(Ralph Lauren) シューズ(Nike)

 

年齢をかさねていくと、できなくなってしまうことがあるもんやね

もちろん体力的にはおとろえていくのだけれど

体力とは関係のないところなのに、なぜかできなくなってしまった

 

ナイフなどの刃物で切り裂かれて血がいっぱいでる映画が見られなくなった

若いころは「ソウ」なんて映画のシリーズを平気で見てたのに

ひさしぶりにWOWOWでやってたから観ようとしたら

刃物で血しぶきがあがるシーンがこわくて、きもちわるくて観られなかった

ピストルやマシンガンでの描写はまだ大丈夫みたいです

 

野生のヘビがつかめなくなった

ガキの頃は野山や原っぱでみつけたヘビをつかまえて

家までしっぽを持ってグルグル振りまわして帰ったのに

今はヘビをみてもこわくはないけど、つかむことはできない

 

木に登れなくなった

体力的な問題ではないレベルの木でさえ登るのがこわくなった

実家に帰った時もガキの頃、へのかっぱで登っていた木を見て

「よくもまぁあんなとこまで登ってたなぁ」と感心してしまった

平等院にある木なので、定期的に剪定されていて高さは昔とおなじなのに

 

バラエティ番組をゆっくり見続けることができなくなった

昔はコマーシャルもふくめて、のーんびり番組を見ていたけれど

最近はコマーシャル前の「ひっぱり」=「こたえ隠し」や「ゲスト隠し」

が強烈すぎる番組は、逆に「もうええわ」と思うようになっちゃった

 

なんでそうなってきたのかわからないけれど

さいきんはこんな感じになっております

できるようになったこともいっぱいあるし、っていうかそっちの方が多いし

できなくなってこまるようなことでもゼンゼンないので

特に問題ございませーん

タハッ

12月 12

パーカ(COMME des GARCONS) パンツ(rough & swell)

シューズ(adidas) ビーニー(SubLime)

 

「軽くふれてください」

おなじ手法をさがしていただいておつかれさんでしたっ

こんなにいろんなひとが考えてくれるとは思わなかった

これでひとまず終了とします

みんなごくろーさまでした 楽しかった、ありがとうさん

結果として「これはおなじだ!」と言えるものはありませんでした

 

「フリクションペン」

「書いたものを消したい」という目的を持つひとがいて

「消したければこすってください」という指示があって

「書いた文字が消えた」という目的が達成される

実は、消えた結果が消しゴムの「こすり取る」とちがい

本当は「摩擦熱に反応して消えるインクだった」

一見、「軽くふれてください」とおなじようにトリッキーだが

フリクションペンはかならずこすらないと文字は消えない

「軽くふれてください」は、必ずしもふれなかったとしても

近づけるだけで開くのです

「近づける」という行為を「ふれる」に置き換えている

「こする」という行為はなにかに置き換えられた行為ではない

「軽くふれてください」という「指示」は

指を近づけて光を遮断させるための、単なる「置き換え動作」なのです

そこがちがうのです

 

「プラセボ効果(プラシーボ効果)」は近かった

形としては「軽くふれてください」とほぼ同じなのだが

プラセボ効果はすべてのひとにあてはまる療法ではないし

必ず効果(結果)が出るものでもない

そこが「軽くふれてください」とは決定的にちがうのです

でもとても惜しかったです

やっぱり日常の中には、おなじ手法のものってないのかなぁ

 

正直なところ

たくさん書いてもらったけど、冗談まじりの投稿は別として

失礼ながら「なんでこれがおなじと思えるのだろう?」と

ちょっぴり首をかしげる投稿が数々ありました

きっとワタシの説明不足なのでしょう

 

「軽くふれてください」を体験したことのあるひとと

ワタシの説明だけで理解しようとしたひとでは

感覚的にとらえかたの差があったのかもしれません

とにかく一回「軽くふれてください」の自動ドアを体験してみてください

そしてふれなくても近づけるだけで開くかどうかを試してみてください

開いたら上を見て光の存在を確認してください

そうすれば言ってる意味やこの手法のすごさがわかっていただけると思います

 

「なぜだ、俺の書いたことはおなじ手法じゃないか」

と思われてる方もいらっしゃると思います

でもね、やっぱりちがうんですよ

ここではひとつひとつ検証・説明する場も時間もないので

すみませんが、今一度ご自分で検証しなおしてくださいませ

お会いできたら、そのときはちゃんと説明します

 

でもこうやって、いろいろあれこれ考えるって楽しいでしょ

ワタシもみんながおもしろがってくれて楽しかった

かなりおもしろい展開になったなぁ  おおきに

 

ひきつづき「軽くふれてください」をアタマの片隅に置いて

おなじ手法のものがないか探し続けますわ

もし見つけたら、いつでもいいから書いてくださいな

ヒュン

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】