6月 09

アウェーのオマーン戦を観て、「サッカーってムズカしいな」と再認識。そう簡単には行かんもんやわ。玉田のPKゲットは正直ラッキーやったけど、まあ遠藤がよく決めてくれた。オマーンのPKは審判の「お返し」っぽかったなぁ。失敗してくれて助かった。アイツは遠藤のPK見て、憧れてしもたんやな。楢崎も落ち着いて反応してくれた。もっとホームのオマーン戦みたいに俊輔と松井のポジションチェンジがあったら良かったのになぁ。なんでやらへんかったのかな?暑さのせいか?勝ちに行くなら後半のメンバーチェンジはもっと早くても良かったと思う。なんで終了間際に二人交代なのかな?
昼間のヒデの試合はのんびりテレビ観戦。楽しそうにやってたねぇ。あれもサッカー、これもサッカー。ギリギリの勝負もあれば、楽しいゲームもある。どんな形であれ、サッカーが子供たちやいろんな人に浸透して、それがいろんな良い方のアクションに動けば素晴しいね。
ユーロも始まったし、グループリーグは録画して見て、ベスト8あたりからは生で観戦って感じかな。そうは言うても今日のオランダvsイタリアは生で観たいなぁ。今のところ順当で、番狂わせが無い。その事がまたスゴイと感じる俺だった。ポルトガルのデコがいまひとつ・・。これからアゲて来るやろな。それにしてもイングランドがいないのは残念ですなぁ。 6/9 2008 けい。

6月 02


日産スタジアムに行って来た。結果は御存知の通り3?0の快勝。ひさしぶりにすっきりした戦いぶりやったなぁ。中盤の早いチェック、安定感のあるディフェンス陣。守備に関しては安心して鼻歌まじりで観ていた。攻撃は玉田が献身的にポストプレー役をこなし、大久保がスペースを狙うパターン。俊輔と松井の効果的なポジションチェンジ。長谷部と遠藤はボランチに徹し、それによって鬪莉王がオーバーラップすることができた。全体的に各選手が役割を理解しバランスが良かった。俊輔はやはり別格。松井も視野の広さや果敢なドリブルでセンスの良さを発揮していた。「もっと後半に点を取って欲しかった」という声もあるようだが、巻、香川の投入や、2位まで通過できることを考えれば、この試合運びで俺的にはOK。キリンカップの山瀬トップ下、巻のワントップシステムはありえへん。やっぱり4?4?2が、このメンバーのベストであろう。出場停止の選手やケガの選手がいるとしても、想像よりオマーンが弱かったね。中澤はスゴイわ。ええ男やのう。 6/2 2008 けい。
P.S.うちのチームにボールが来たら下ばっかり見て、全然顔を上げない奴がいる。そいつは先日「船場吉兆のおかみ」というニックネームがつけられた(笑)
後ろの「日帰りでもいい、南アフリカに行かせてくれ!!」っていう横断幕、サイコーやん。日帰りは絶対ムリやけど・・・。

5月 22


面白かった&見応えあったなぁ、今回のUEFAチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー。個人的には、10年前の優勝をピッチで味わえなかったマンUのポール・スコールズの思いと、チェルシーオーナーのアブラモビッチの母国ロシアでの決勝という見どころを胸に観戦した。素晴しいスピード感と気持ちの強さに感動しつつ、「大きな大会でのPK戦では、スーパースターがミスをする」というサッカー界のジンクス通り、C.ロナウドとテリー(世界最高年俸)がPKを外した結果、マンUの優勝。キャプテンであるテリーの気持ちを思うと切なくなった。これでトヨタカップにC.ロナウドがやってくる!ワタシはドイツワールドカップのイランvsポルトガルで、かなり近い距離で彼のプレーを生で見てからファンになった。自分の中ではクライフ、マラドーナを超える「歴代最高選手」だと思っている。サッカーファンなら必ず一度は生で「本気のC.ロナウド」を見ることをオススメする。ワタシは必ず観に行くだろう。とにかくヤツはスゴい!! 5/22 2008 けい。 
写真はワタシのNEWスパイク「adipure」カカと同じモデルだが、これを履いてもテクニックが上手くならないのはナゼ???

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】