10月 09

今まで新聞やメディアで、日本代表は「決定力不足」とばかり書かれてたけど、ワタシはずっと「決定力不足じゃなくて攻撃力不足」と思っていた。しかし今日のUAE戦こそが『決定力不足』な試合やったなぁ。
まず稲本と大久保がどフリーで吹かした。そして結局は香川のゴールになったけど、その前のポストに当たった興梠のヘディング・シュートは、あの時点で決めとかないと。ほんで香川のヘディングどフリー外し・・・。プレミアやリーガやセリエAなら「ほぼ簡単に決める」シーンばっかり。決まらなくとも「ゴールの枠」には確実に運んでくる・・・。結果的にGKのスーパーセーブに阻まれる場合はあるけど、枠は外さへんやろ。FWは居残りしてでも、もっと単純なシュート練習した方がエエで。
試合終わって笑ってる選手も多かったけど、ユルいわ。欧州や南米の選手が、予選中のテストマッチで格下相手にホームでこの結果で笑ってるなんて考えられへん・・。結局ほとんどの選手の目標が、相変わらず「ワールドカップ出場」止まりで、「ワールドカップで勝ち抜く」想いを持ってる選手は数名しかいない。岡田監督もそこまで考えてるのかな?相変わらず失点の事を「サッカーは何が起こるか分からないから」で済ませてる。確かに俺も未だにサッカーやってて、その怖さは知ってる。だから良く「サッカーの女神」なんて言葉が出てくるワケ。でもオマーン戦から「起こりすぎ」とちゃう?それをできるだけ無くすのが監督の仕事やん。ある意味、女神をこっちに向かせるのが監督の仕事やん。開き直ったインタビューは、もういらんわ?。1-0でエエからキッチリ勝ち切ることができないなんて?
エスパルスの高木選手。失点シーンだけど、あそこで怖がって顔をそむけるようなチャージしかできないならサムライとちゃうで!期待してるから頑張ってや!
今日は辛口にならざるを得ない・・・。
10/9 2008 けい。

10月 07


今年も我がチーム「F.C.ALIANZA」は東京都サッカー連盟所属チームで、40才以上カテゴリーの最高峰、「東京シニア・チャンピオンズ・リーグ」に参戦し、現在3勝3敗1引き分けである。このままでは「入れ替え戦」に行かなくてはならない可能性もあるので、残り2戦、是が非でも連勝したい。
今年、ワタシはキャプテンを務めている。ハッキリ言って「楽しみ」と「勝利」という矛盾するふたつの命題をクリアするのは大変だ。みんなサッカーが好きで集まっているオッサン達だから、勝敗に関係なく「楽しみ」だけならメンバー全員が出場すれば良いが、「勝利」を目指すなら、パフォーマンスの劣る選手は「ベンチ」にならざるを得ない・・・。そこで問題は「やるかやらんか」
試合に出られなくて、「なんだよ?」っていじけるのは簡単だが、「なんで俺は出られないのだろう」と考えて、足らない部分を補おうと努力する事や、自分のストロング・ポイントを伸ばそうとする心持ちが大切なのだ。「仕事が忙しい」「家庭がタイヘン」自分に言い訳をするヤツは一生試合に出られない・・。幸いウチのチームは、みんな努力している。この分だと残り2戦。勝てそうな気がしている。
仕事以外に「必死になれる」事を持ってるオヤジ達は、正直「カッコ良くてカワイイ」ワタシはこのチームが大好きだ。
10/7 2008 けい。

9月 26


この本、「Jリーガーの少年時代」結構おもしろい。鹿島の内田や浦和の鬪莉王、ガンバの遠藤に川崎の中村憲剛。その他、数名の有名Jリーガーの少年時代を写真や家族、恩師の言葉などをもとに辿っているんやけど、良く出来てますわ。子供の頃からスゴかった子。だんだん頭角を現してきた子。いろんなタイプがいるねぇ。挫折も含めて、すべてが血となり肉となるのですなぁ。
「ウチの子、ひょっとしたらプロになれるんちゃうか?」なんて感じてるおとうちゃん、おかあちゃん。一回読んでみなはれ。なにかヒントがあるかも・・・。
読み物としても、しっかり作られて、イイ本です。
 9/26 2008 けい。

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】