5月 22


面白かった&見応えあったなぁ、今回のUEFAチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー。個人的には、10年前の優勝をピッチで味わえなかったマンUのポール・スコールズの思いと、チェルシーオーナーのアブラモビッチの母国ロシアでの決勝という見どころを胸に観戦した。素晴しいスピード感と気持ちの強さに感動しつつ、「大きな大会でのPK戦では、スーパースターがミスをする」というサッカー界のジンクス通り、C.ロナウドとテリー(世界最高年俸)がPKを外した結果、マンUの優勝。キャプテンであるテリーの気持ちを思うと切なくなった。これでトヨタカップにC.ロナウドがやってくる!ワタシはドイツワールドカップのイランvsポルトガルで、かなり近い距離で彼のプレーを生で見てからファンになった。自分の中ではクライフ、マラドーナを超える「歴代最高選手」だと思っている。サッカーファンなら必ず一度は生で「本気のC.ロナウド」を見ることをオススメする。ワタシは必ず観に行くだろう。とにかくヤツはスゴい!! 5/22 2008 けい。 
写真はワタシのNEWスパイク「adipure」カカと同じモデルだが、これを履いてもテクニックが上手くならないのはナゼ???

5月 21

今日、BSフジ「プロサッカーニュース」で、先日のレッズvsガンバでの乱闘騒ぎについて言及した。試合後幾人かのレッズサポーターから「この件をきっちり取り上げて欲しい」とメールがあり、俺自身も今後のJリーグの在り方を考える上において避けてはいけないと思っていたから、番組なりに取材をし放送で取り上げた。「最初に水風船攻撃をしたガンバサポーターはいけない」「アウェーで円陣を組んで勝利を喜ぶのはやめるべき」と俺や風間さんは発言した。最後に「Jリーグはこれまで通り女性や子供たちが笑顔で来れるリーグであるべき。それには選手もサポーターも考えなければならない」と締めた。しかしその後の浦和サポーターのメールは、問題を取り上げたことに感謝の意はまったくなく、「ここが間違ってるから、次回番組で訂正してください」とか「アイツが許せない」とか文句ばっかり。それもほとんど匿名に近い状態で・・・。正直ガッカリした。浦和サポーター全員がそうだとは勿論言わないが、モンスターペアレンツみたいだ。揚げ足をとるばっかりで、「日本のサッカーを良くしよう」と言う大きな部分には目を向けない。他人に対する思いやりも無い。レッズがかわいいばっかりである。もうちょっとステキな人間だと思っていたけど、重箱の隅をつついて主張しかしないようなヤツらに興味はなくなった。これからもレッズは自分なりに見ていくし、日本のビッグクラブとして応援もしていくけど、今回のサポーターたちのメールには本当にがっかりした。 5/21 2008 けい。

5月 11


京都へ帰ったので、前から行こうと思ってた実家からクルマで10分の「サンガタウン」へ。元日本代表DF 秋田豊コーチに連絡を入れて、3時からの練習を見てきた。サンガのホーム戦、現在皆勤賞である熱狂的なウチの兄貴も、平日にも関わらず一緒に見学することに。仕事は大丈夫なんかアイツ・・・。グランドに着いて、加藤久監督とも久しぶりの再会。ここまで4勝4敗2引き分けと、J2から上がって来たばかりとしては善戦中のサンガ。練習もハツラツとして、笑顔の中にも真剣さがあり、引き締まったイイ練習やった。なにより今年のサンガのゲームは積極的で面白いもんね。柳沢選手や佐藤勇人選手、増島選手なんかと給水の際に軽く言葉を交わした。
帰りに兄貴が「次節アウェーのジェフ戦心配や」っていうから「大丈夫や、エエ練習やったやん。ジェフは今季0勝やで」と反論した。「アホ、そやからコワイねん。サンガは昔から元気のないチームや選手を勢い付かせるのん得意やねんぞ」とニガ笑い。そして昨日・・・兄貴の予感は的中した。 ジェフ1?0サンガ   5/11 2008 けい。
P.S.学生時代、俺が「四暗刻単騎」を一枚切れてる「西」待ちで受けてたら、兄貴は「西」一枚握って死んどった。あれから「こいつ、勘鋭いなぁ」と思っていたが、相変わらずやな、アイツ。

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】