9月 23

シャツ・パンツ・ソックス(rough & swell) シューズ(Clarks)

メガネ(EFFECTOR)

朝から STORAGE をバックに DEMON を撮影

カッチョエエ写真は撮れたんかな・・・

そのうち STORAGE のホームページにアップしまっさ

ほんでもって横浜までFマリノス vs サンフレッチェの試合を観に行って来た

結果は1−0でFマリノスの勝利どした

秋空の下、サッカー観戦もいとをかし・・・

いっしょに行ったのが「黒ネコのタンゴ」先輩・・・皆川おさむさん

うわっ!同じシャツの色違い・・・

ひょっとして・・・モーホー?(笑)

ゲゲッ、携帯ストラップまで同じ種類の色違い・・・

モーホーに思われるのはまぁ許せるけど、こんなオッサンとはイヤやぁ〜(笑)

ほんでもって、どないやね〜ん?この待ち受け・・・

7歳にして国民的大スター・・・今や面影・・・ゼロッ!(笑)

ユカイなおじさんでっせ

ウフッ

7月 24

ハット・パンツ・シューズ(COMME des GARCONS) ポロ(CDG x Lacoste x K432)

メガネ(EFFECTOR)

サッカー日本代表の監督がメキシコのアギーレ氏に決定

って、その前にW杯の総括は・・・?

しゃーない・・・個人的に総括しとこ(笑)

VTR でもう一回コートジボアール戦を観たんどす

これは2点目を決められる際のセンタリングのシーン

 

「絶対負けられない初戦」「絶対獲られてはイケナイ2点目」

1点目を獲られた2分後、ほぼ同じパターンの攻撃・・・

状況から「何が何でも止めなきゃあかん」クロスボール

 

香川選手は反射的にカラダや顔に当たるのを恐がって、

ボールを見ないでカラダを捻って、背中を向けて飛び上がらはったんどす

そして失点・・・

香川選手個人を非難する気は全くおまへんねん

ただ、このプレーに「今回の日本代表のすべてが集約されている」と思いましてん

 

今回の日本代表は「その程度のモチベーション」やったんどすな

この局面で「カラダを張らなくても許されるチーム」やったんどすな・・・

 

ワタシが観た限り、少なくとも決勝トーナメントに上がって来たすべてのチームは、

グループリーグでさえもこんなプレーはやらへんかったどす

 

「カラダを張るプレー」には「技術」や「経験」や「体格」は必要おまへん

必要なのは「気合い」や「責任感」だけどす

「当たったら痛い」という、当たり前の感覚さえ吹っ飛ぶほどの集中力

 

ワタシは高校時代、同じような「よけるプレー」をして監督にこっぴどく叱られましてん

「顔に当たった時の痛さと失点する痛さ、どっちがホンマに痛いねんっ!!」

「チームの失点です!!」

その通りやと思ったし、それからはカッと目を見開いて何が何でもカラダに当てるよう心掛けました

ゴールキーパーはみーんな当たり前にやっていることどすがな

 

気合いが入ってたら、当たっても大して痛くはおまへん

顔に当たって痛かったとしても、失点するよりは100倍マシどすやろ

 

選手選考とか戦術とか・・・そんなことについて語る気はおまへん

ただ「顔にブチ当たってもエエから代表に入りたかった」と思ってる選手はいっぱいおったハズ

 

監督がだれになろうと構いまへん

ただ、次のワールドカップでは、最低限「全員がカラダを張れるチーム」であってほしい

負けても「それだけやって負けたんならしょうがないわ・・・」と思わせて欲しいんどす

アメリカやチリみたいに・・・

4年後・・・ワタシは「そこだけ」を観ようと思いまんねん

サッカーの話になると、めっぽう熱いでんな(笑)

 

この件に関しては賛否両論あっても構いまへん。それがあって当然どす

ただ反対意見の人は単なる誹謗中傷とちごて、ワタシの意見のどこが「間違い」なのかを

冷静かつていねいに、教えておくれやす

 

よしなにぃ〜!

フギャ

7月 09

シャツ(Ozwald Boateng) パンツ(rough & swell) サンダル(BOTTEGA VENETA)

メガネ(EFFECTOR)

雨の日だから〜バカアロハ〜 ホイ〜のホ〜イ

誕生日にいただいた MOPAR 本

ヒジョーにたくさんの MOPAR がきれいな写真と解説で載ってまんねん

英語やし読めへんケド(笑)

MOPAR の中ではちょっぴり人気薄の DEMON もキッチリ載ってまっせ

MOPAR ファンなら持っといた方がエエにょ

「辞書になった男」・・・読んでてすごく興味深かった

いっしょに辞書を作り始め、やがて袂を分かった2人の男の物語・・・

「三省堂国語辞典」と「新明解国語辞典」制作の裏にあった話

思わず「辞書」を開けてみたくなる・・・

たまたまウチも「新明解国語辞典」使ってるアルよ

 

辞書が読み物として「面白いもの」などと考えたこともなかったけど、

どうやらそんなに遠くない時代に、辞書は「かなり面白い読み物」だったようなのどすえ

「新明解」の第三版ぐらいまでの「用例」は、かなりエキセントリックだったそうな

その後紆余曲折あって、徐々に改訂されつつ現在に至ったと言う

ワタシのは第六版やから、かなり落ち着いてますが・・・

おまたせ!ついにランミート開催

みんなでワイワイ走りましょか〜  待ってるでぇ〜!!

くわしくは STORAGE ホームページブログ欄まで

雨・・・・散歩に行かれへんやん

いやホンマ・・・

キャン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あービックリした  7−1ってか!!

うっすらチームとしては「大丈夫かいな?」とは思ってたモノの、

歴史的な流れから、今回こそ開催国ブラジルの優勝マチガイなしという思い込みが・・・

いつもブラジルは試合毎に調子を上げて行くタイプやったから大丈夫と信じて・・・見誤った

大会前に「100%ブラジル優勝」なんて書いて、えらいスンマヘンでしたっ!!

まだまだ未熟でございますぅ。カンニンしとくれやすぅ〜・・・どすえ(笑)

 

ドイツのフランス戦の戦いぶりを観て

「先制点を獲られたら、かなりムズカシイ試合になる」と分かってたブラジル

あまりにもあっさり入れられて、なんとか平常心で取り返そうと頑張ったが

ドイツがすかさず2点目・・・パニックになってしもたな・・・

チアゴとネイマール・・・出てても負けてたな

集中力とモチベーションがなくなったら、こんなことにもなりまんねん

ブラジルにとって、まさに「悲劇」どころではなく「惨劇」

ヘタなホラー映画観てるよりコワかった(笑)

ドイツおそるべし・・・ギャーッ!!

気をつけろ!油断するな!キミのうしろに・・・ノイアーが!!!

うぎゃぺー!!(笑)

 

さて・・・オランダ vs アルゼンチン

こちらこそ接戦に・・・なって欲しいかも ← もうワケがワカラン(笑)

ディマリアがいなけりゃ、メッシがガンバっても・・・

ファン・ハール監督の絶妙采配で、オランダの勝ち

とちゃうのん?・・・ちゃうかな?

すっかり弱気(笑)

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】