2月 14

ジャケット・マフラー(rough & swell) シューズ(Clarks)

デニム(result) メガネ(EFFECTOR)

夫婦で上野の東京都美術館へ

玄潮会:書道教室の書展でございまする

ミユキ・ゼタ・ジョーンズが初出品

ワテはヘタクソすぎて・・・出品できまへ〜ん(笑)

今日の清水さん

総絞りのお着物が、オトナっぽくてよろすぃーな

黒と赤のコントラストもステキ・・・デヘヘ

忘れてた! バレンタインデーやんか

スタッフの YUKA からもらった「犬の義理チョコ」(笑)

「かわいすぎて食べられなーい!」

な〜んて声が聞こえてきそうやけど・・・

チョコは食われてナンボどす(笑)

ガブッ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金メダルが期待できるといわれる日本選手が、あとちょっとの「銀」

ちょっぴり残念な気持ちもありつつ、

テレビの前で「あっぱれ!ようやった!」と勝手な拍手を送ってるんやけど、

世間的には、ますます羽生選手に「金」の期待が集まる流れに・・・

プレッシャーにならへんかったらエエけど

ただでさえ、あの国での開催だけに(笑)

ダントツの演技でないと「金」はムズカシイかも・・・

 

ソチ五輪代表の町田樹さんが、フィギュア団体戦のテレビ解説で、

「すべての選手のジャンプをスローVTR で確認しましたが

宮原選手のジャンプ・・・全く問題ありませんでした」

って、冷静に言うたはりました(笑)

 

それにしてもショーン・ホワイト

あの展開で最後にビシッと決めてくる・・・

「オレは別格」って、自分で言うだけありまんな

ゴイスー

2月 06

ニット(rough & swell) デニム(Junya Watanabe)

シューズ(Danner) メガネ(EFFECTOR)

ひさしぶりにパキーンと晴れて、ナイスな朝

気持ちがエエぞ!ホイサッサ

「東日本 Despacito(デスパシート)がかかったら、

必ずちょいとセクシーなダンスを踊る会」会長のワタシ

さすがにコイツはちょいと人目を避けて・・・セクシーどっしゃろ?

けど、会長が人目を避けてるようでは、長くは続かんな・・・この会(笑)

習字の前に所用で渋谷へ

でっかい木村くんがワタシを見つめていた(笑)

馬鹿デカイ自分の顔の広告を見た時って、本人はどんな気分なんやろ?

たけしさんの「反撃だ!」って広告も、首都高走ってたらよく見るし・・・

初めての時は、やっぱりかなり照れ臭いモンなんやろな・・・

一度でええさかい、馬鹿デカイ看板に出てみたかったにょ(笑)

習字も日によって調子が良かったり悪かったり・・・

今日はイマイチ「手が動かん」かった

ウチのセンセは「手が動いて来たね」という褒め方をしゃはりまんねん

書道界ではそういう風に言うのかな?

ハテッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京なんかは気楽なモンやけど、雪国はゴイスーな寒波で大変どす

事故やケガなどないよう、お気をつけくだしゃんせ

 

「日本は豪雪地帯に世界で一番、人が住んでいる国です」

テレビで誰かが言うてはりました・・・知らんかった

日本人の郷土に対する思いの強さや、土地や気候を有効活用する頭の良さなど

いろいろなことが重なって、そうなってるんやろな

「暖」をとるための工夫なんかも、日本人は上手なんやろな

 

東京や大阪なんかに比べたら、そういう土地に住む人たちの、

春が来たときのウレシさや喜びはモノスゴイもんなんやろなぁ

お日樣に対する感謝のキモチも、きっとちがうんやろな

それはそれで、とてもステキなことやと思ふ・・・

うん

1月 30

ジャケット(RRL) パンツ・パーカ・ビーニー(rough & swell)

シューズ(adidas)

お年玉付き年賀ハガキ・・・当たってるかなぁ?

いっぱい来たし、1、2枚ぐらいは・・・

ナヌッ!  一枚も当たりナシかーい!  そんなアホな(笑)

昼前にホトちゃんがやってきた

「リピート」の始めの方の視聴率取られるさかい、(東京では15分かぶる)

アメトークあんまり面白せんといて・・・って頼んだけど、

そうは問屋が卸さんわいな(笑)

火曜は書道の日

エエとこまで行くんやけど、ちょっとのミスが全体のバランスを台無しにする・・・

センセは「すごく良くなってきましたよ」と、優しいけれど、

自分自身はぜ〜んぜんナットク行きまへんねん(笑)

ゴルフも書道もサーフィンも・・・って言うか全てのことが、

「ちょっとコツが分かってきた」あたりから、最初の伸び悩みが来て

そっからの試行錯誤や研究、巻き返しがオモロイんどすえ

ほんでもって、また次のステップのスランプが来て・・・また試行錯誤

その繰り返しが、やがて血となり肉となる・・・

って言うか、その過程を踏まなけりゃ、カラダにゃ染み付かん

その過程を「面白い!」と思えないなら・・・

向いてないからやめた方がエエんちゃう?

もう上映始まってるんかな?・・・この小説を読了しましてん

面白くて、読み応えあったでぇ

さてと、映画見る前に結末分かってしもたからなぁ・・・

でも「容疑者 X の献身」は、読後でも面白かったし・・・

どうすんべか?

ウヒッ

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】