3月 18

ベスト(Sierra Designs) シャツ(COMME des GARCONS) シューズ(Red Wing)

デニム(Junya Watanabe) ビーニー(rough & swell)

「眼がカユいなと思ったら・・・どうやら花粉症デビューみたいです」

ビール大好き:ダイスケ男がついに・・・花粉地獄にようこそっ!(笑)

花粉と筋肉痛と肉離れで・・・ヘロヘロの日曜日

どうやら自分が思ってる以上に劣化しているようどす・・・トホホ

たまたま書店で手に取った本・・・かなり面白かった

「うるさい日本の私」  中島義道著

 

東大とウィーン大を出た哲学博士である著者は、

日本の「音漬け社会」で「自分はスピーカー音恐怖症」になったと言う

 

家を一歩出れば、案内、呼びかけ、注意のおせっかい放送が溢れている日本

意味も効果も真剣に考えず、ただ「みんなのため」「危険防止のため」と、

同じ文言を繰り返すアナウンスの暴力性

(カバーより抜粋)

 

バス・電車・デパート・エスカレーター・駅・空港・観光地・量販店店頭 などなど

間違いなく欧米と比べれば、日本は過保護なまでにあらゆるアナウンスをする

先日行ったポートランドを思い返しても、本当にアナウンスが少なかった

 

「電車が参ります。黄色い線まで下がってお待ち下さい」

そんなことは常識で、アナウンスを聞いてそうする人間は数%いるかいないか

その数%のために、大多数の常識人が無理やりアナウンスを「聞かされている」

それを「親切や優しさからくる行為」とするのを著者は許さない

必要ない音を「無理やり聞かされている」事実を、もっと自覚すべきだと説く

ふむふむ、分かる分かる、その気持ち・・・

 

著者はブツブツ文句を言うだけでなく、理論武装をして抗議行動を起こす

直談判で、電話で、手紙で・・・あらゆる方法で訴える

はてさて「騒音被害」を訴えられた企業や団体は、いったいどう反応するのか

戦う著者の姿勢と相手の反応がおもしろくて、ついつい読み進んだ

 

またこの著者は自分が読者から「極端な人間」だと思われがちであることを、

ちゃ〜んと自覚している・・・だからホッとする

そして最後には、現代日本の「音漬け社会」の原因とその解決の道を、

わかりやすく説明してくれている

 

高度な教養のある人間が「ここまでこじれる」と、こんなに面白いとは(笑)

ムヒャヒャ

3月 14

ジャケット(Tsurube 45th Anniv) シューズ(adidas)

シャツ・デニム・ハット(rough & swell)

黒ネコセンパイとひさしぶりのおでかけ・・・二子玉川で映画鑑賞どす

 

11時にウチで待ち合わせしたのに、10時半前に来て・・・

「早いなぁ、ちょっと着替えるからリビングで待ってて・・・」って言うたのに、

着替えて降りたら、玄関で所在なさそうにウロウロ(笑)

 

「ブラックパンサーってどんな映画やったっけ?」って訊いたら、

「えーっと、怪盗の映画です」

「怪盗?・・・それはピンクパンサーちゃうの」

「あれ、そうでしたっけ?・・・」

 

「チケット発券してくるから、コーヒーとポップコーンのLサイズ買うといて」

って言うたのに、Mサイズ買うて来るし

 

手間のかかるオジサンです・・・もとい、もはやオジイサンです(笑)

年下なのに・・・

で、映画はまずまず楽しみましてんけど、

最近は CG 使いまくりのアクション満載の SF はちょっと食傷気味

丁寧に書かれた脚本の、人間味のある映画の方がエエな

スティーブン・ホーキング博士が亡くなった

2000年には「人類はあと1000年で滅亡する」って言うてたのが

最近「あと100年で滅亡する可能性がある」と発表したそーな

著述を未読なので、言葉の真意はよう分からんけど・・・

 

あと100年なら・・・どうする?

ワタシのひ孫がおじいさんになるぐらいまでか・・・

どっちにしてもワタシは死んでまっけど・・・

なんや知らんけど(笑)

ホゲッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてと、「リピート」最終回

どんなエンディングなのか・・・ワクワク

3月 07

ジャケット(COMME des GARCONS) シューズ(adidas)

シャツ・セーター・パンツ(rough & swell) メガネ(EFFECTOR)

デイパック(Columbia)

ミユキ・ゼタ・ジョーンズと映画を観てきましてん

第90回アカデミー賞、最多4部門に輝く「ザ・シェイプ・オブ・ウォーター」

細部にまで拘ったギレルモ監督の映像が素晴らしく、なかなか良かったでぇ

 

なにより「半魚人」なんかが出てくる、一つ間違えば「キワモノ扱い」の映画が

映画作品の一番の名誉とも言える「作品賞」を獲ったところが歴史的どすな

それもこれも、監督がしっとりと「オトナの映画」に仕上げたから

ロマンスやサスペンス、おとぎ話の要素もあって、けっこう楽しめましたわ

1960年代であろうと思われるインテリアや洋服、クルマもきっちり作られてた

 

これでスターウォーズやマーヴェル作品、ゴジラなどの SF や怪獣映画まで

作品賞を獲っても良いという免罪符ができましたな

ヘホッ

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】