5月 24

シャツ・パンツ(rough & swell) シューズ(JUMP)

メガネ(EFFECTOR)

黒ネコセンパイとミユキ・ゼタ・ジョーンズと3人で

映画を観に行ってきましてん

アクションなし、 CGなし、捜査官や犯人なし、カーチェイスなし、ダイナミックな展開なし

物凄く地味な映画やったけど、心の中のいろんな部分を触られるような上質の作品どした

主人公に感情移入すると言うよりも「自分ならどうなる?どうする?」と思ってしまう

最近の映画やドラマに多い「わざとらしいセリフ」や「歯の浮くようなセリフ」、

「ストーリー説明のためのセリフ」などが全くなくて、自然で素晴らしい脚本

でも、面白くない人には、まったく面白くないと思う

この作品が分かるようになるには、いろんな人生経験が必要なのかも・・・

なんちゃって

映画を観終わったら、ミユキ・ゼタ・ジョーンズがスタスタと・・・

なんで放っといて行くの〜ん? と、思ったら

映画のの最初の方に食べたチョコアイスを、シャツにどっぷりこぼしてて・・・

そりゃ、こんなバカ男とは一緒に歩いてられまへんな・・・トホホ

つまり、こういう人生経験が必要なのです(笑)

傍にいた黒ネコセンパイは、そんな二人を優しい眼差しで見つめておりました

なんや知らんけど(笑)

 

 

マンチェスター・バイ・ザ・シーはアメリカの街やけど、

イングランドのマンチェスターで起こったテロ

ワタシも訪れたことがあるけど、人々も優しくてとっても素敵な街どした

どんな考えになったら、あんな行為が自分の中で正当化されるんやろ?

ぜったい許されへん

 

今晩深夜にはUEFAヨーロッパ・リーグの決勝

マンチェスター・ユナイテッド vs アヤックス

アヤックスも好きなチームやけど、今回ばかりはマンチェスターの人々のために

マンU に勝って欲しいと願う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

U-20 ワールドカップ第2戦  日本 0−2 ウルグアイ

前半のチェイシングで疲れたのかも分からんけど、

後半、中盤でボールを奪取してからすぐに攻撃のスイッチが入らず

後ろの選手が、前の選手を追い越していくプレーがあまり見られなかった

チャンスもいくつかあったけど、あれではなかなかウルグアイには勝てまへん

久保くんもまだまだ人生経験が必要どすな(笑)

第3戦 イタリアは強いけど、死ぬ気で勝っておくんなまし

5月 10

ジャケット・シャツ・パンツ(rough & swell)

シューズ(adidas) メガネ(EFFECTOR) デイパック(Columbia)

シトシト雨の水曜日

ひさしぶりに、妖怪「たのしたのし」・「うれしうれし」・「さみしさみし」が集まって

そこに、女妖怪「きらりきらり」と「ひらりひらり」が参加して(笑)

「ワイルド・スピード:ICE BREAK 」を観て来ましてん

こんな映画はごちゃごちゃ言わずに、理屈抜きに楽しんだモン勝ちっ!

楽しかったどすえ

目を離したスキに、妖怪さみしさみしが・・・

いろんな意味でコワそうどすな(笑)

女の子「さみしさみし」の方、見てるし・・・

ドロッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も「言葉」の話

ウチのバイトのヤングたち(笑)もたまに使ってる

「ムズい」と「ディスる」

てっきり「ムズい」は「ムズがゆい」の意やと思ってた・・・

「ディスる」にいたっては、説明してもろてやっと分かったレベル(笑)

 

言葉は「生き物」なので、その時代によって変化していくモンやから

全然かまへんねんけど

中年のオッサンがフツーに使ってると、正直ちょいと違和感を感じまんねん

先日喋った40代後半の知人が「ムズい」も「ディスる」も使ってたので、

「それって普通に使うんだべか?」って訊いたら

「キャバ嬢とかと喋るときは、こっちほうが話が早いんですよ〜」と

な〜るへそ(笑)

4月 27

ジャケット(S&T P) ロンT(A&F) シューズ(adidas)

パンツ(rough & swell) メガネ(EFFECTOR) ストール(J.Crew)

午後3時 かわいくておバカな後輩たちがやってきて

アホな話に花が咲きまくり(笑)

午後5時

電車に揺られて到着したのが・・・

東京ドームどすえ

今日はポール・マッカートニーはんに会いに来ましてん

ライブについて書こうと思ったらナンボでも書けるけど、ひかえめにしときまひょ

武道館でのセットリストは出てたけど、演奏曲も変わっててサイコーやったで

大好きやけどマイナーめなヒット曲「Letting Go」をやってくれましてん!

ポールはん、ワタシに気ィつこてくれたんかな(笑)

「Let It Be」は、さすがに涙チョチョ切れそうになったアルよ

別に観ても観なくても、人生に大きな変わりはないけれど、

ビートルズが好きな人なら、観られるチャンスがあるんやったら観といた方がエエわな

食べ物でも旅でもファッションでもインテリアでも趣味でも同じこと

時間やお金の制約もあるケド、興味があるならガンバって手ぇ出してみたらエエやんか

そこには行ったモン、やったモンしか感じられへん「なにか」があるねん

その積み重ねで、人や人生は彩られて行くねんモン

行ってヨカッタ・・・ポールはん、やっぱりゴイスー  大スキどすえ!

ヘイッ!

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】