1月 28

ジャケット(Catch Ball) スウェット(Surf & Turf Products)

パンツ(GO-LIKE-O) キャップ(HRM) シューズ(adidas)

昨日、寝る前にふと「駒沢公園で『ロッキー』のシーンが撮れるかも・・」と思い始め

「明日は午前中くもりって言うてたなぁ。確かあのシーンも・・・ちょうどエエで?」

朝8:30。上下スウェットにニットキャップかぶって、まだ人の少ない駒沢公園へ出動

三脚を慎重にセットして、セルフタイマーで・・・10秒で上まで登らねば

どや!この写真。ロッキーのテーマが聴こえてくるやろ?!

京都の種馬「KECKY」の登場

キャ?、カッチョイイ?!!このあとアポロと闘うのね?

しかし・・・

セルフタイマーだけに融通が利かず・・・

たまにはウォーキング中のオバサマたちに白い眼で見られ・・・

恥ずかしいったらありゃしない

30回ほど繰り返しただろうか?

最後の方はもうヘロヘロ。肉離れ起こしそうになったがな

早朝から何をやってんだか・・・オシャレやの?(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それより、駒沢公園行く途中、杖をついて歩いてたお爺ちゃんが突然倒れる瞬間に遭遇

「こけた」のではなく、完全に「倒れた」。反射的な防御も何もなし・・・

慌ててクルマを路肩に停めてハザードを出し、お爺ちゃんに駆け寄った「大丈夫ですか!」

意識はあったが、顔面血だらけだった

すぐに近くを歩いていたオジサンとオバチャンが、かけ寄って来てくれて、救急車を呼ぼうとしたが、何とここは病院の前

「僕が病院の人に言ってきます」と病院の入り口に向かって走ろうとしたら、車道に救急車が見えた・・・

「こっちの方が早い」咄嗟に判断したワタシは、救急車を制止し「すみません、この方が突然倒れて・・」

すばやく救急隊員が降りてきて「分かりました。あとは私達がやりますので・・・ご協力ありがとうございました」

と言うことで、プロに任せて車に戻った

きっと大事には至らなかっただろう・・・

倒れたのが病院の前だったのが、不幸中の幸いだったね。お爺ちゃん・・・お大事に

この直後に必死で「KECKY」を撮影してたワタシ・・・いったい何者?(笑)

1月 25

ジャケット(Patagonia) パンツ(COMME des GARCONS)

パーカ・バッグ(Surf & Turf Products) キャップ(RRL)

シューズ・グラス(adidas)

このパタゴニアは15年以上着てるなぁ・・・グレーのフリースとのリバーシブル

SURF系の洋書。いっぱい出てるけど、最近モノはどれも似たり寄ったり・・・

やっぱり「現象とアートと文化と生きざま」が include されてないとね

そんな気分の昨今、ひさしぶりに出ました「THE CALIFORNIA SURF PROJECT」

イイです。「買い」です

写真の質、コンセプト、表現方法、どれを取っても◯

表紙の写真やカバーを見れば、センスは伝わる

オシャレでファニーで COOLでCUTEときたもんだ!

コイツら・・・タダ者ではない

1月 20

セーター(Vintage) ジーンズ(Junya Watanabe) ブーツ(Danner)

シャツ・バッグ(Surf & Turf Products)

料理の師匠「菰田欣也」先生のサイン入りレシピ

「陳圭一さんへ」ってちゃんと書いてあるアルよ

そう、陳圭一は、いつもこのレシピを見ながら、番組を思い出して料理を作っているアルよ

おかげでいつもウマくできるアル

「美味在其」おいしさここにアリ!ってことね

もうひとつはポール・ポッツ氏

大晦日に唄ったあと、番組スタッフに「ケイさんに渡してチョ」と預けたらしい・・・

家に帰って早速聴いたアルよ

プロコルハルムの「青い影」や、ボーナストラックにポッツ氏が夢を掴むきっかけになった曲「誰も寝てはならぬ」が入っている。伸びやかな声。豊かな声量。ステキだにょ?

今までもパバロッティやドミンゴ、カレーラスなどのレコードを、清水家に45年に渡って仕えてくれている「爺や」が、僕の「情操教育」のために、午後のおやつの時間にロイヤルミルクティとヨックモックのお茶菓子を持って来ては、聴かせてくれていたのだが、これからはポッツ氏のこのCDになりそうだ

菰田欣也師匠とポール・ポッツ氏

どちらも素晴しい才能で人々を楽しませ、そして2人ともポッチャリ体型(笑)

このHPをチェックし終わるまで、「誰も寝てはならぬ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大人たちそれぞれの意識なのか、何か制限を設けているのか定かではないが、欧米では日本のように子供に携帯電話を持たせることは少ないらしい

彼らは「子供に携帯電話を与えたら、どういうこと、どういう社会になるか?」を知るため、日本の状況をつぶさに観察していると聞いた

どうやら日本は「実験台」にされているようだ・・・

オソロシや?

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】