1月 30

コート(RRL) ジャケット(HRM) ジーンズ(Junya Watanabe)

シャツ(Surf & Turf Products) シューズ(Trickers) バッグ(Porter)

古着好きなら「持っておかなきゃならない本」がありまんねん

「My?Freedamn!」

「Vintage」と呼ばれる歴史的な服(古着)が「よくぞここまで集めたな」と言うほど網羅されているアルよ

今回、抜けていた6巻と8巻を揃え、パーフェクト・コレクションになったアルよ

そんな「My Freedamn!」が6年目にして大イベントを敢行!

inspiration

2月12、13日にサンタモニカの倉庫で開催されるアルよ

歴史の遺産とも言うべき古着が大集合。その場で販売されるアイテムもあるという

アメリカ中、いや、世界中のビンテージマニアが集合するアルよ

スケジュールが合えば、ワタシも参戦するか・・・・

GAKU-MCとの対談が、この本に載ってます

あまりにもホメてくれてるんでケツがこぞばゆい・・・・読んでみてアルよ

4 Responses to “My Freedamn! & inspiration”

  1. まさ Says:

    「My Freedamn!」

    その存在を教えていただいただけでも世界が広がる感じがしました!

    来て?来て?来て?サンタモニカ?♪

    とはいえ、遠いわぁ?↓

  2. 清水 学(ガク)IDはmuggen Says:

    アマノ・ジャクオの僕(小政)は、「ヴィンテージはべつに、ほしくないもん、」と言ってしまう

    旅客機ぎらいの、あまのじゃく、、(なんで、あんな、でかい鉄の塊が、空、飛ぶねん、、サンタモニカまで、何時間、かかる、ちゅうねん、)

    マイド・ジョーダンです

    本は全巻揃えたら、常に目に入るところに、置きたくなるのは、ナゼ、でしょう、、、

    サンタモニカで、お会いしましょう

    (怪盗)アルセーヌ・ルパン・平成  より

  3. けいいち。 Says:

    圭さん。
    おはようございます。

    MySpace From JP・・・。
    今月も出てはるんですか?早速読ませて頂きます。
    EVENとOCEANS も見ましたよ。
    僕も絶対OKパットはしません。何か嫌なんですよね?。

    やっとマイケルのライブ・イン・ブカレスト観ました。
    マイケル凄いですね。究極のエンターテイナー。
    観客の熱狂度も凄かった。熱気むんむんのライブでした。

    では。

  4. イソップ@与太ガラス Says:

    圭さん、こんにちは。
    「My Freedamn!」。シリーズなのに一冊一冊の装幀が自由ですね。
    サンタモニカ!…までは行けませんねぇ。

Leave a Reply

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】