コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

9月 19

エエことじまんみたいにとられたらこまるんやけど・・・

 

ある日

いつも行く豚肉のしょうが焼きがおいしい定食屋さん

むかしからあるカウンターだけの庶民的なお店

トイレに入ったら、足元に段差のついたよくある和式だった

小用を足したあと、ボクがまき散らしたワケじゃないけど

ちょっぴり便器のまわりが水びたしになってたんで

いちど流してから、トイレットペーパーを手に巻いて

キレイに拭いておいてあげようとしたら

トイレットペーパーをキープする芯の取り付け方がええ加減やったみたいで

そのままゴロンとはずれて、トイレットペーパーが便器にボチャン

あーあ

 

仕方なく一部分がズブ濡れになったトイレットペーパーを拾って

ゴミ箱がなかったから、トイレの端っこの方に置いて

棚にあった新品のトイレットペーパーを、しっかりホルダーにつけて

グルグル手に巻いて、便器のまわりを拭きあげた

トイレを出たら店内はほぼ満席

カウンターの中にいる、おかみさんに事情を話そうとおもったけど

食事中のみなさんの前で

便器に落ちたトイレットペーパーの話をするワケにもいかず

だまって食事をして帰った

 

エエことしようとおもったのに・・・

 

つぎの日

道を歩いてたら、電動車イスに乗ったご婦人が

マンションの前の段差でちょっぴり困っていらした

「お手伝いしましょか」と声をかけたところ

「あ、はい、ありがとうございます。これを置いていただけますか」と

段差をなくすためのプラスチック製の三角のヤツを渡された

それを言われる通り、段差に置いたんやけど

まだ電動車イスに慣れていらっしゃらなかったのか

はたまた、急に見知らぬ男に声をかけられて緊張なさったのか

ウィーンウィーンと前へ行ったり後ろへ行ったりで

なかなか三角のヤツで埋めた段差のところへ行けない

「ボクが手で押しますわ」というと

「ありがとうございます。すみませんねぇ」

で、手で押して段差をクリアしようとしたら

いきなりウィーンと電動でバックして

車イスのタイヤがボクの足を轢いて、ボディがスネにドーン

「あ、すみませんっ!」「いいえいいえ、大丈夫ですよ」

引きつづき手で押して段差を越え、エレベーターまで行って

エレベーターのボタンを押してあげました

「ありがとうございました。助かりました」

「はーい」

 

ドアが閉まり、電動車イスのご婦人はエレベーターの人となった

ボクの白いスニーカーにはタイヤのあとがのこり

スネにちょっぴり傷を負った

 

エエことしようとおもったのに・・・

 

定食屋さんには2日後、その旨を告げた

「あ、そうだったの。ごめんなさいねぇ」

「こちらこそ、いらんことしてすみませんでした」

 

エエことしようとおもったら

いつもヘンテコリンなことになっちゃう

そのことがおもしろくってしかたがないのであります

トホホのホー

 

 

*ご覧いただきありがとうございます

コメントをいただける場合は

その日の文章の内容に関するご意見・ご感想などを

お書きいただきますようお願い申し上げます

また、匿名の投稿はご遠慮ください

 

コメントが20個超えたら、また書きママ、いつものヤツ!

9月 13

どうやらボクは

なんとなくバイク好きなイメージがあるらしい

「えっ、圭さんってバイク乗らないんですか?」とよく驚かれる

乗らないどころか免許も持ってない

興味がなかったワケでもないんやけど

高校生のころにオカンから

「アンタ、なにしてもええけどバイクだけは乗らんといてな」

っていわれたのと(理由はきいてない)

サッカーばっかりやってたから、免許を取りに行くヒマもなかった

 

大学生になってクルマの免許をとったら、バイク好きのともだちが

「バイクもええけど、結局クルマやで」っていうてたんで

そういうモンやろなー、いまさらバイクはないなー、とおもって

バイクの免許をもたないまま今にいたっている

バイクどころかクルマも乗らなくなってきてるから

この先も取る予定はありまへん

 

「どうしてバイク乗らないんですか?」ってきかれたとき

以上のことを説明するのは、なんだかめんどくさいし

とくにおもしろい話にもならへん

そこでだ

 

「どうしてバイク乗らないんですか?」

「あのな、高校のときの親友がな、めっちゃバイク好きやってん」

「ふんふん」

「そいつはクラブにも入らんと、毎日毎日バイクで山を攻めとってん」

「へぇ〜」

「カワサキのなんとかっていうバイクやったわ、400CCの」

「Z 400 かなぁ」

「うーん、なんかそういう名前やったかなぁ、タンクがグリーンやったわ」

「はいはい」

「とにかくメッチャええヤツやってん・・・」

「そうですか・・・」

「そいつがな・・・・」

「どうしたんですか・・・」

(ふたりとも神妙な顔になる)

「今は焼肉チェーンの社長やってて、大金持ちやねん!」

 

元気いっぱいに告げると、相手はかならずキョトンとする

ぼうぜんとキツネにつままれたような顔になる

ギャハハハハー

 

静かに語りはじめたボクのふんいきと、話の展開から

てっきり「バイク事故で亡くなった」というストーリーを

勝手に組み立ててしまったのだろう

ひょっとすると、かなしい出来事を思い出させるような

いけない質問をしちゃったのかな・・・なーんて

ちょっぴり後悔したかもしれない

 

このパターンを今まで50回くらいはやってるかな

ボクはいつもバイクの話になると

「圭さんはどうしてバイクに乗らないんですか?」と

訊いてこいないかなー、って

釣り人のように糸を垂れているのであります

ムフフのフー

 

 

*ご覧いただきありがとうございます

コメントをいただける場合は

その日の文章の内容に関するご意見・ご感想などを

お書きいただきますようお願い申し上げます

また、匿名の投稿はご遠慮ください

 

コメントが20個超えたら、また書きマディソン・スクエア・ガーデン

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】