コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
仕事のご依頼・お問い合わせは「よしもとクリエイティブエージェンシー」へお問い合わせください
こちらではお返事いたしかねます

使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

rough & swell および STORAGE のアイテムはコチラからどうぞ

7月 17

Tシャツ・パンツ・ハット(rough & swell)

シューズ(adidas) バッグ(Drifter)

ひさしぶりに少し陽の射した水曜日

トイストーリー4を観にいってきました

「3で終わっといた方が良かったんちゃうかなぁ」

と、ちょっぴり不安やったけど

やっぱり杞憂に終わりました

 

長男が幼いころにトイストーリーが初めて上映されて

親子ともどもみごとにハマってしまいました

どれほどトイストーリーのおもちゃやグッズを買ったことか

前にも一度載せたけど

うちのオカンが長男の幼稚園用のバッグにフエルトで

トイストーリーの仲間のアップリケをしてくれた

ぜんぶオリジナルやで。ゴイスーでっしゃろ

お風呂からすぐに上りたがる長男やったけど

湯船につかりながらトイストーリークイズ大会をやると

楽しそうにいつまでも入ってたなぁ

そんな長男もいまや22才

 

で、トイストーリー4のはなし

ストーリーはいわへんけど、ホンマによかったで

ウッディはやさしいエエやつやなぁ

ほんでもってみんなステキな仲間たちやなぁ

ハラハラドキドキ。笑いどころもキッチリあって

ラストはググッと胸にくる

みごとに感情移入してしもたがな、アニメやのに

次はロケットマンを観に行こうっと

エルトン・ジョン好きやからね

ニューヨークでガンガン宣伝してたけど

タランティーノの新作もおもしろそうやな

イェイ

7月 16

カーディガン・シャツ(rough & swell) シューズ(R.F.W.)

デニム(Junya Watanabe) メガネ(EFFECTOR)

よう降りまんなぁ、東京

 

相手のきもちをおもんばかりなさい

親や先生からよく言われました

ちょっとちがうなー、それはアカン やろー、とおもったときも

そのままのきもちをダイレクトにぶつけるのではなく

相手の立場やら相手のきもちを考えて

いちばん伝わる方法を選びなさい、ということです

もっともな話でございます

 

でもねぇ、それって

直情的なワタシがいちばん苦手とするところなんだわさ

カチンと来たら誰に対してもバババババーッと、まくしたててしまう

冷静におちついて諭すようにしゃべり始めても

いつの間にやらバババババーッ

アカン なぁ

いつも反省してまんねん

 

それでもある程度、自分と同じベクトルを持つひとには

バババババーッでもわかってもらえたり

おたがいの意見を言い合ったりできるんやけど

まったくちがう、理解できないベクトルを持つひとには

どういう風に接したらええのか、さっぱりわかりまへん

 

ベクトルがちょっとだけちがう、あまりしゃべらないひととか

内気なひとと接するのは、なんとかできるようになってきたけど

つい先日 NHK で見た、ひきこもりの若者となんて

ベクトルが逆方向すぎて

想像しただけでも、どう接したらええのか想像つかへん(笑)

万が一、自分の息子があんな風になったらどうしたらええんやろ

腫れ物にさわるように接するのもちがうような気がするし

かといって、バババババーッではもっとひきこもられる

ひきこもられるだけならまだええけど

想像を絶するような逆ギレが待ってたらたいへんやがな

 

いわゆるゴミ屋敷の住人なんかも

テレビで見てたら、ビックリするほど言い分がハチャメチャで

ワタシとまったく生きるベクトルがちがうもんな

どうやったってわかりあえるはずないやん

 

そんなひととは接することはないだろうとおもいつつ

なんでこんなことを考えてるかっていうと

最近は雨続きで現れてへんけど、これからさき

店のデッキの隙間にたばこの吸い殻を捨てて行くヤツを見つけたときに

どういう風に接したらええのかなぁ、とおもってさ

完全に生き方のベクトルがワタシとちがうもんなー

バババババーッではまずいような気がするし

腫れ物にさわるように接するのもなぁ

いっそのこと

先にこっちが気が狂ったほどブチギレとくか?

うーん、むずかしいねぇ

ま、そのとき次第ということで

なんじゃそりゃぁぁぁぁぁ

フギャ

9月 20

Tシャツ(ACE HOTEL) ロンT・パンツ・バンダナ(rough & swell)

シューズ(adidas) メガネ(gurpard)

涼しかったけど、どんより曇り空ホイサッサ

海外の無名のミュージシャンの情報なんて、入ってこなかった高校時代

河原町にあった「RIVER SIDE」という輸入盤屋へ行っては、

未知のミュージシャンの LP を「ジャケ買い」していた

 

1枚1500円くらいやったかな

小遣いを貯めて2〜3ヶ月に1回程度

試聴もでけへんし、店員さんに尋ねてみても「まだ聴いてへん」

運を天にまかせて「エイヤッ!」と、なけなしの小遣いを使ったのでした

 

で、過去最高の「当たり」は、1979年 高3のとき

クリス・レアの「DELTICS」

カッチョエエやろ?   このジャケット

 

「ジャケ買い」で良いアルバムを「当てる」と、洋楽好きの仲間から

「こいつエエなぁ・・・テープに入れてくれや〜」

な〜んて言われて、最高に鼻高々なのでした

 

もちろんハズレの時も数多あって、そりゃもうどっぷりヘコみますわ(笑)

でも、モッタイナイから執念でなんども聴いて

そのうちに「おっ?意外とエエかも・・・」なんて思うこともあったりして

 

ワタシが「当てた」クリス・レアはその後、

「オン・ザ・ビーチ」や「ドライビング・ホーム・フォー・クリスマス」などの

名曲を生み出し、ビッグスターになりました

「DELTICS」の前に、名曲「フール」が入ったデビューアルバムが

あったことも、あとで知りました

 

あらゆる情報や世間の評判がカンタンに手に入る最近の若者

「ジャケ買い」なんてしたことないんやろな

一か八かの「小さな冒険」って、けっこう楽しいのに・・・

 

誰でもカンタンに「情報」が手に入る便利な世の中って、

「偶然」とか「一か八か」の持つ、ハラハラドキドキを少なくしてるのかもね

 

そうそう、サーカスの「Mr.サマータイム」世代の方々へ

YouTube の「Mr.サマータイム 2018」・・・シビレるでぇ〜

この便利さはありがたい(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おしらせ

今日までの分は残しておきますが、ちょっとばかり思うところがありまして、

明日からは「今日と昨日の分」しか見られないシステムになります

今まで通りに戻すかどうかは、気分次第でまったくわかりませんが(笑)

なにとぞよしなにぃ〜

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】