コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
仕事のご依頼・お問い合わせは「よしもとクリエイティブエージェンシー」へお問い合わせください
こちらではお返事いたしかねます

使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

rough & swell および STORAGE のアイテムはコチラからどうぞ

2月 29

セーター(JIL SANDER) シャツ(rough & swell) メガネ(guepard)

パンツ(COMME des GARÇONS) シューズ(Clarks)

 

暑いのは俺らだけとちゃうぞー!

高校時代、炎天下のグランドで心肺機能を鍛えるクーパー走という

地獄のようなトレーニングをしているときに、チームメイトが叫んだ

そうや!この太陽は俺らのグランドだけ照らしてるんやない

ライバル校もこの炎天下でキツイ練習してるはずや

負けてられへん、ヘコたれてられへん、とおもって

ググッと全員に気合いが入ったことをおぼえている

まったくもって熱く単純な青春時代ですわ

 

ここんとこ STORAGE に来る友人たちは

ボクの顔をみるなり「キツイですわー」という

人出がなかったりイベントが中止になったりして

商売あがったりってことだ

笑いながら自嘲気味に発してるのはわかってるし

現状ではあいさつみたいなモンですわ

 

でもさ、今はだれだってキツイのよね

いつどこで伝染するかわからない得体の知れないものに対して

どうしていいのかわからない

おそらくじぶんは大丈夫だろう、っておもっても

万が一伝染したら、こんどはじぶんが伝染させる側となる

まるでゾンビかドラキュラですわ

だから用がなけりゃ外には出ない。むやみに出たらおこられそう

そりゃストレスもたまるわさ

 

じぶんがキツイ状況のときに

食べるものや住むところがない国のひととくらべて

まだまだじぶんはめぐまれてるほうだ、とおもったり

今回のように、じぶんだけじゃなく

みんなおなじようにキツイんだ、とかんがえて

なんとかじぶんをおちつかせるのは、あまり好きな方法ではないけど

そういうことって、たしかにある

そんなことをかんがえてたら高校時代をおもいだしましてん

 

商売してる人もサラリーマンもちいさいお子さんのいる家庭も

みんなそれぞれたいへんなんだから

グチのひとつもいいながら

グッとこらえて乗り切りまひょ

ビュン

2月 28

ベスト・シャツ(rough & swell) パンツ(COMME des GARÇONS)

シューズ(adidas) メガネ(EFFECTOR) ジャケット(POLO SPORTS)

 

がんばったじぶんへのプレゼント、なーんて

欲しかったものを買ったり、おいしいものを食べたりするけど

がんばったらさぁ、やっぱりごほうびが欲しいよね

志望校に受かったり、試合に勝ったり、昇進したりして

結果がちゃんと出たら、それはごほうびなんだけど

がんばったらかならず結果がついてくるほど

世の中はあまくない

うまくいってもいかなくっても、いちばんうれしいのは

がんばった姿をみてくれてたひとにほめられること

大好きなひとにほめられたら

それだけですべてが報われる気がする

 

だからさぁ

どんどんほめてあげようじゃないの

「よくやったね」「がんばったね」「ナイス!」ってさ

ほめるのってタダだからね

そんなにたいしたことじゃなくっても

がんばってる姿をみつめてきたならば

もっともっとほめてあげよう

と、じぶんにいいきかせている

 

高倉健さんが、お母さまを亡くされたとき

「あなたにほめられるためだけに生きてきたのかもしれません」

とおっしゃった

ステキだなぁ

ペコッ

9月 20

Tシャツ(ACE HOTEL) ロンT・パンツ・バンダナ(rough & swell)

シューズ(adidas) メガネ(gurpard)

涼しかったけど、どんより曇り空ホイサッサ

海外の無名のミュージシャンの情報なんて、入ってこなかった高校時代

河原町にあった「RIVER SIDE」という輸入盤屋へ行っては、

未知のミュージシャンの LP を「ジャケ買い」していた

 

1枚1500円くらいやったかな

小遣いを貯めて2〜3ヶ月に1回程度

試聴もでけへんし、店員さんに尋ねてみても「まだ聴いてへん」

運を天にまかせて「エイヤッ!」と、なけなしの小遣いを使ったのでした

 

で、過去最高の「当たり」は、1979年 高3のとき

クリス・レアの「DELTICS」

カッチョエエやろ?   このジャケット

 

「ジャケ買い」で良いアルバムを「当てる」と、洋楽好きの仲間から

「こいつエエなぁ・・・テープに入れてくれや〜」

な〜んて言われて、最高に鼻高々なのでした

 

もちろんハズレの時も数多あって、そりゃもうどっぷりヘコみますわ(笑)

でも、モッタイナイから執念でなんども聴いて

そのうちに「おっ?意外とエエかも・・・」なんて思うこともあったりして

 

ワタシが「当てた」クリス・レアはその後、

「オン・ザ・ビーチ」や「ドライビング・ホーム・フォー・クリスマス」などの

名曲を生み出し、ビッグスターになりました

「DELTICS」の前に、名曲「フール」が入ったデビューアルバムが

あったことも、あとで知りました

 

あらゆる情報や世間の評判がカンタンに手に入る最近の若者

「ジャケ買い」なんてしたことないんやろな

一か八かの「小さな冒険」って、けっこう楽しいのに・・・

 

誰でもカンタンに「情報」が手に入る便利な世の中って、

「偶然」とか「一か八か」の持つ、ハラハラドキドキを少なくしてるのかもね

 

そうそう、サーカスの「Mr.サマータイム」世代の方々へ

YouTube の「Mr.サマータイム 2018」・・・シビレるでぇ〜

この便利さはありがたい(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おしらせ

今日までの分は残しておきますが、ちょっとばかり思うところがありまして、

明日からは「今日と昨日の分」しか見られないシステムになります

今まで通りに戻すかどうかは、気分次第でまったくわかりませんが(笑)

なにとぞよしなにぃ〜

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】