コメントは各項目右斜め上のcommentをクリック!
尚、すんませんけど基本的に質問、その他に対するお答えはいたしません
仕事のご依頼・お問い合わせは「よしもとクリエイティブエージェンシー」へお問い合わせください
こちらではお返事いたしかねます

使用上のご注意

コメントは検閲のあと公開されます。(中国方式?)なのでよろしく(笑)

公開を希望されない場合は、その都度「公開不要とお書きください。「匿名」「名前なし」の投稿は自動削除になります。ご注意ください。HP等のアドレス、リンク等のあるコメント。誹謗・中傷・嫌がらせ・意味不明のつまらないコメント・特定の第三者を不快にさせるコメント等は、起こりうる諸問題を回避するため基本的に公開しません。尚、公開によって起こるトラブルについて、このHPは一切関知しません。よろしくどーぞー!

問題の無いコメントが公開されず、不思議に思われている方。何らかの理由で、スパムメールとして自動削除されている場合があります。ご了承ください。

rough & swell および STORAGE のアイテムはコチラからどうぞ

11月 18

ジャケット・デニム・ビーニー(rough & swell)

シューズ(adidas)

 

ボーッとしてますか?

最近、意識的にボーッとする時間をつくっています

3分から5分ぐらいかな、まったくボーッとする

道端や公園のベンチで、裏庭のデッキチェアに座って

自宅の書斎で、会社のデスクで、注文をして料理ができあがるのを待ってる間

 

ボーッとすると言っても、なにも考えないわけではなく

なんとなくなにかを考えたりしながら、ただただボーッとしています

タバコを吸いながらが多いかな

 

昔はボーッとしている人をけっこう見かけました

 

どこを見るでもなく、なにを考えるでもなくボーッとしているひと

ちょっと物憂げな表情でボーッとタバコを吸っている女性を見て

カッコイイなと思ったこともありました

バス停や駅のベンチでボーッとしているひとも結構いました

 

やっぱりスマホができてからかな

昔ならボーッとしていたであろう時間

最近は多くのひとがスマホを見つめながらすごしています

いろいろやることがあって、ボーッとしているヒマはなさそうです

 

ボーッとする時間って、結構いい時間です

なんとなく元気が出たり、ふとなにかを決断したり

忘れていたことを思い出したり、アイデアがひらめいたり

本当になにもなくて、脳を休めるだけでもいい

行き交う人々や遊ぶ子供たち、はたまた空とか景色とか

なにかを見ているようで、なにも見ていない感じ

 

最近はじっくりゆっくりと脳を使うことが多いので

脳を解放しながらボーッとする時間を大切にしています

すべてがリフレッシュされて、集中力があがるような気がします

 

今、スマホを充電しようとしたら、残りが90%でした

こんなペースで生きていけてるって、きっと幸せなことなんでしょうね

ボーッ

11月 17

ジャケット・カーディガン・シャツ(rough & swell) メガネ(EFFECTOR)

パンツ(RRL) タイ(J.Crew) シューズ(Danner)

 

今日もちょっと「ボヘミアン・ラプソディ」のことを思い出してて

フレディ・マーキュリーはやっぱり私生活がハチャメチャで

マイケル・ジャクソンなんかもお金の使い方とかデタラメで

残念ながら、ふたりとも長生きできなくて

でも、圧倒的な才能でキラキラ輝いて、たくさんの人を魅了した

唯一無二のスーパースターだった

 

ひと昔前までは、日本にも破天荒なスーパースターがいた

私生活はデタラメだけど演技や歌がバツグンで

日本中の人たちに愛されたスーパースター

自分の生業にだけ長けていて、あとはなんにも知らないような人

常識の範疇でしばることが無意味な気がするほどのスーパースター

スポーツの世界にもいたなぁ

 

最近はちょっと常識ハズレなことをすると、一斉にたたかれるから

スターもみんな「常識人」でいようとするし、プロダクションもそれを望む

「非常識人」のレッテルを貼られると、スーパースターでさえ仕事がなくなる時代

これからもっと加速していく気配さえある

 

もちろん常識人であることはいいことなのだけど

破天荒でデタラメだからこそにじみでる、危うい雰囲気や色気もあるはず

そのへんについて欧米は日本より寛容で

「あんなにスゴイことできるんだから、普段はクレイジーでもしかたない」

「プライベートに興味はない。ただ圧倒的なパフォーマンスが見たい」

そういう風な目でスターを見ている

そして、相変わらず私生活はハチャメチャのグッチャグチャでも

期待に応え続ければスーパースターになり、人々からリスペクトされる

 

犯罪に関わることはもってのほかだけど

日本ももうちょっと「不謹慎」に寛容でもええんとちがうかな

♪ 芸のためなら女も泣かす、それがどうした文句があるか ♪

from 浪花恋しぐれ

「そんな時代じゃない」って言われればそれまでだけど

圧倒的なパフォーマンスをできる人って、きっと頭おかしいもん

 

羽生くんや錦織くんや大谷くん、将棋の藤井くんなんかを見てても

若いのにインタビューの受け答えが完璧で「エライなぁ」と思う一方

もうちょっとヤンチャでおバカな子が出てきてもええんちゃうかな

なーんて思うのであります

 

それは世の中の流れで、選手やパフォーマーのせいではないのだけれど

芸能の世界もスポーツの世界も常識人が多くなりすぎて

オジサンハチョットツマラナイトオモッテイルノダヨ

ほへっ

9月 20

Tシャツ(ACE HOTEL) ロンT・パンツ・バンダナ(rough & swell)

シューズ(adidas) メガネ(gurpard)

涼しかったけど、どんより曇り空ホイサッサ

海外の無名のミュージシャンの情報なんて、入ってこなかった高校時代

河原町にあった「RIVER SIDE」という輸入盤屋へ行っては、

未知のミュージシャンの LP を「ジャケ買い」していた

 

1枚1500円くらいやったかな

小遣いを貯めて2〜3ヶ月に1回程度

試聴もでけへんし、店員さんに尋ねてみても「まだ聴いてへん」

運を天にまかせて「エイヤッ!」と、なけなしの小遣いを使ったのでした

 

で、過去最高の「当たり」は、1979年 高3のとき

クリス・レアの「DELTICS」

カッチョエエやろ?   このジャケット

 

「ジャケ買い」で良いアルバムを「当てる」と、洋楽好きの仲間から

「こいつエエなぁ・・・テープに入れてくれや〜」

な〜んて言われて、最高に鼻高々なのでした

 

もちろんハズレの時も数多あって、そりゃもうどっぷりヘコみますわ(笑)

でも、モッタイナイから執念でなんども聴いて

そのうちに「おっ?意外とエエかも・・・」なんて思うこともあったりして

 

ワタシが「当てた」クリス・レアはその後、

「オン・ザ・ビーチ」や「ドライビング・ホーム・フォー・クリスマス」などの

名曲を生み出し、ビッグスターになりました

「DELTICS」の前に、名曲「フール」が入ったデビューアルバムが

あったことも、あとで知りました

 

あらゆる情報や世間の評判がカンタンに手に入る最近の若者

「ジャケ買い」なんてしたことないんやろな

一か八かの「小さな冒険」って、けっこう楽しいのに・・・

 

誰でもカンタンに「情報」が手に入る便利な世の中って、

「偶然」とか「一か八か」の持つ、ハラハラドキドキを少なくしてるのかもね

 

そうそう、サーカスの「Mr.サマータイム」世代の方々へ

YouTube の「Mr.サマータイム 2018」・・・シビレるでぇ〜

この便利さはありがたい(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おしらせ

一昨日までの分は残しておきますが、ちょっとばかり思うところがありまして、

明日からは「今日と昨日の分」しか見られないシステムになります

今まで通りに戻すかどうかは、気分次第でまったくわかりませんが(笑)

なにとぞよしなにぃ〜

© 2012 FOOLISH. All Rights Reserved. | K432.net 【清水 圭 オフィシャルサイト】